日本シリーズ16打数2安打 広島・丸の不振を見るナインの目

公開日:  更新日:

 眠れる獅子は、いまだ目を覚まさない。

 スランプが続く広島の丸佳浩(29)。ここまで16打数2安打、打率・125と精彩を欠いている。31日は初回にシリーズ2本目となるフェンス直撃の二塁打を放ったが、一塁走者の菊池が本塁憤死。後続の4番・鈴木は見逃し三振に倒れ、点には結びつかなかった。

 本人が「(相手に)攻め込まれているというより、自分のスイングができていない」と自滅を悔いれば、高ヘッドコーチも「らしくないね。(打つべき球を)つかまえきれていない。流れで打ってしまっている」と話す。

 5番の松山竜平(33)は2年前、丸と同じ苦しみを味わった。16年の日本シリーズで4番を務めたものの、2戦目からバットは沈黙。3戦目には7番に降格するなど、15打数3安打1打点に終わった。

「今の丸はシーズンでは見たことのないくらい悪い状態。振らされてしまっている感じ。(シーズン中は)三振も多いけど、四球も多かった。今は選べていないですからね。イライラしていると思う。一昨年は僕も同じような立場だったから気持ちは分かる。空回りしていつも通りに打てず、フォームを崩されてダメなまま終わってしまった。だから今はシーズンの続きという気持ちで打席に立つようにしている。この僕の経験談? 僕が言っても効果はないかな(笑い)。新井さんが言ってくれたら変わるかも」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  8. 8

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る