日本シリーズ16打数2安打 広島・丸の不振を見るナインの目

公開日: 更新日:

 眠れる獅子は、いまだ目を覚まさない。

 スランプが続く広島丸佳浩(29)。ここまで16打数2安打、打率・125と精彩を欠いている。31日は初回にシリーズ2本目となるフェンス直撃の二塁打を放ったが、一塁走者の菊池が本塁憤死。後続の4番・鈴木は見逃し三振に倒れ、点には結びつかなかった。

 本人が「(相手に)攻め込まれているというより、自分のスイングができていない」と自滅を悔いれば、高ヘッドコーチも「らしくないね。(打つべき球を)つかまえきれていない。流れで打ってしまっている」と話す。

 5番の松山竜平(33)は2年前、丸と同じ苦しみを味わった。16年の日本シリーズで4番を務めたものの、2戦目からバットは沈黙。3戦目には7番に降格するなど、15打数3安打1打点に終わった。

「今の丸はシーズンでは見たことのないくらい悪い状態。振らされてしまっている感じ。(シーズン中は)三振も多いけど、四球も多かった。今は選べていないですからね。イライラしていると思う。一昨年は僕も同じような立場だったから気持ちは分かる。空回りしていつも通りに打てず、フォームを崩されてダメなまま終わってしまった。だから今はシーズンの続きという気持ちで打席に立つようにしている。この僕の経験談? 僕が言っても効果はないかな(笑い)。新井さんが言ってくれたら変わるかも」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  2. 2

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  3. 3

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  4. 4

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  5. 5

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  6. 6

    木村花さん死去「テラハ」敏腕プロデューサーM女史の評判

  7. 7

    遅刻の虎藤浪は無期限二軍も…「メジャー挑戦が最善」の声

  8. 8

    石田純一は沖縄で女性と会食…東尾理子激怒で三くだり半か

  9. 9

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

  10. 10

    安藤裕氏 コロナ禍こそ平成の経済対策に終止符を打つべき

もっと見る