広島・会沢も標的に 巨人のFA補強で狙われる“打てる捕手”

公開日:  更新日:

 広島34年ぶりの日本一へ、陰のキーパーソンは会沢翼(30)だ。マスクをかぶった日本シリーズ第1戦は、先発の大瀬良ら8人の投手を巧みにリード。4番柳田を筆頭とした強力ソフトバンク打線を2点に封じ、チームを1勝1分けスタートに導いた。

 今季は106試合に出場し、打率.305をマークした。規定打席には届かなかったものの、球団捕手最多の13本塁打。警戒されている証しでもある死球数は、こちらも球団捕手初の2ケタとなる14を受けた。日本シリーズ初戦の打順は、捕手の定位置である8番ではなく7番。下位打線の得点源となっている。

 球界きっての打てる捕手は、順調なら来季中にも国内FA権を取得する。

「巨人の評価が高いんです。3割を打てる捕手なのが第一。一時、溝ができた投手と野手をまとめた選手会長としてのリーダーシップの評価も高い。関東の茨城県出身。巨人にいわせれば関東はみんな地元ですから。そんな会沢に巨人の首脳がご執心。巨人はこのオフ、西武の捕手・炭谷のFA補強を狙っているが、もし取れなかった場合、もしくは取れても活躍しなかった場合、来オフは球団トップ自ら、会沢取りの指令を下すのは間違いありません」(球界関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  6. 6

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  9. 9

    奇妙な縁が結んだ梅宮辰夫とロバート秋山の幸福な関係

  10. 10

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

もっと見る