広島・会沢も標的に 巨人のFA補強で狙われる“打てる捕手”

公開日: 更新日:

 広島34年ぶりの日本一へ、陰のキーパーソンは会沢翼(30)だ。マスクをかぶった日本シリーズ第1戦は、先発の大瀬良ら8人の投手を巧みにリード。4番柳田を筆頭とした強力ソフトバンク打線を2点に封じ、チームを1勝1分けスタートに導いた。

 今季は106試合に出場し、打率.305をマークした。規定打席には届かなかったものの、球団捕手最多の13本塁打。警戒されている証しでもある死球数は、こちらも球団捕手初の2ケタとなる14を受けた。日本シリーズ初戦の打順は、捕手の定位置である8番ではなく7番。下位打線の得点源となっている。

 球界きっての打てる捕手は、順調なら来季中にも国内FA権を取得する。

巨人の評価が高いんです。3割を打てる捕手なのが第一。一時、溝ができた投手と野手をまとめた選手会長としてのリーダーシップの評価も高い。関東の茨城県出身。巨人にいわせれば関東はみんな地元ですから。そんな会沢に巨人の首脳がご執心。巨人はこのオフ、西武の捕手・炭谷のFA補強を狙っているが、もし取れなかった場合、もしくは取れても活躍しなかった場合、来オフは球団トップ自ら、会沢取りの指令を下すのは間違いありません」(球界関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    離婚の噂を直撃のはずが…吉田拓郎の自宅で見た巨人広島戦

  2. 2

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  3. 3

    昭和の俳優はビクともせず…不倫取材の核は「本妻」にあり

  4. 4

    愚策「Go To」に地方戦慄 コロナ病床不足のワースト道府県

  5. 5

    「雪駄の雪」は公明党ではなく自民党の方ではないのか?

  6. 6

    最下位低迷で待ったなし 虎が今オフ粛清するベテラン選手

  7. 7

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  8. 8

    高校球界の“巨人嫌い”有望株放出にスカウト部長解任で拍車

  9. 9

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  10. 10

    小池知事の肝いり感染防止策は“ザル”…夜の街からは憤りが

もっと見る