U-19アジア選手権準決勝 サウジに「完敗」で露呈した課題

公開日:  更新日:

 U―19(19歳以下)日本代表が、1日のアジア選手権(インドネシア)準決勝でサウジアラビアに完敗を喫した。

 ベスト4入りして2019年にポーランドで開催されるU―20W杯の出場権を獲得したチーム同士の対戦。日本の影山監督は先発9人を入れ替え、4DFを3DFに変更した。

 これが失敗だった。

 強烈なプレス、球際の激しさに圧倒された日本は、前半で2失点した時点でアップアップ。後半から投入された横浜MのFW久保が何度か相手ゴールに迫るも、終わってみれば0―2のスコア以上のボロ負けである。

「まずは影山監督の選手起用、戦術変更が大間違い。アジアも準決勝になるとレベルがポンと上がる。W杯出場を決めたからといって、メンバーを大幅に落として終始後手に回り、前半終盤になって慌てて4DFに戻しても手遅れ。W杯は影山監督で大丈夫なのか? 大きな疑問が残った。選手も不甲斐ない。サウジは局面ごとに数的優位をつくり、素早い攻守の切り替えで試合を支配したが、本来は日本がやるべき試合運び。W杯に向けてレベルアップは急務です」(元サッカーダイジェスト編集長・六川亨氏)

 決勝は4日午後9時半キックオフ。韓国とサウジアラビアが対戦する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  3. 3

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  6. 6

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  7. 7

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  8. 8

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  9. 9

    冷静と興奮…狂気さえ感じさせる菅田将暉の名演技に脱帽

  10. 10

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

もっと見る