U-19アジア選手権準決勝 サウジに「完敗」で露呈した課題

公開日:  更新日:

 U―19(19歳以下)日本代表が、1日のアジア選手権(インドネシア)準決勝でサウジアラビアに完敗を喫した。

 ベスト4入りして2019年にポーランドで開催されるU―20W杯の出場権を獲得したチーム同士の対戦。日本の影山監督は先発9人を入れ替え、4DFを3DFに変更した。

 これが失敗だった。

 強烈なプレス、球際の激しさに圧倒された日本は、前半で2失点した時点でアップアップ。後半から投入された横浜MのFW久保が何度か相手ゴールに迫るも、終わってみれば0―2のスコア以上のボロ負けである。

「まずは影山監督の選手起用、戦術変更が大間違い。アジアも準決勝になるとレベルがポンと上がる。W杯出場を決めたからといって、メンバーを大幅に落として終始後手に回り、前半終盤になって慌てて4DFに戻しても手遅れ。W杯は影山監督で大丈夫なのか? 大きな疑問が残った。選手も不甲斐ない。サウジは局面ごとに数的優位をつくり、素早い攻守の切り替えで試合を支配したが、本来は日本がやるべき試合運び。W杯に向けてレベルアップは急務です」(元サッカーダイジェスト編集長・六川亨氏)

 決勝は4日午後9時半キックオフ。韓国とサウジアラビアが対戦する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  2. 2

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  3. 3

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  4. 4

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  5. 5

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

  6. 6

    大谷「ア新人王」の陰にイチローの助言と自己チュー貫徹

  7. 7

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  8. 8

    南沢奈央と破局…“こじらせ男”オードリー若林に次の春は?

  9. 9

    霞が関の友人が言った「トランプは田中真紀子」の意味深長

  10. 10

    キンプリ岩橋 パニック障害で離脱の衝撃と女性問題の影響

もっと見る