パナマに3発快勝で露呈…W杯組と南野との連係に微妙なズレ

公開日: 更新日:

 森保ジャパン体制2試合目となった12日のパナマ戦(新潟)。初陣のコスタリカ戦(9月11日)では不在だった「ロシアW杯レギュラー組」が初めて加わり、FW大迫勇也(28=ブレーメン)とMF原口元気(27=ハノーバー)が先発出場した。

 試合は序盤から日本のペース。トップ下を任されたMF南野拓実(23=ザルツブルク)が中心になって攻撃を組み立て、前半42分にはその南野がボランチのMF青山敏弘(32=広島)の縦パスを受け、DF2人のマークをかいくぐって最後はGKのポジションを見極めながら、冷静にゴール左に流し込んで先制した。

「ここまで南野は期待通りのパフォーマンスを見せ、今の森保ジャパンは<南野のチーム>と言っていいでしょう」と元サッカーダイジェスト編集長の六川享氏が続ける。

「コスタリカ戦では、南野に加えて24歳のMF中島翔哉(ポルティモネンセ)と20歳のMF堂安律(フローニンゲン)が好連係を見せましたが、パナマ戦のロシアW杯レギュラー組の大迫と原口とのコンビネーションに関しては、南野とは<ズレがあった>と言わざるを得ないでしょう。3人とも互いのストロングポイントをしっかり把握した上で何とか生かそう、生かそうと意識しながらプレーしていたが、フィットしない場面が少なくなかった」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  3. 3

    老後資金は夫婦で1600万円…必要額2800万円に届かず不安

  4. 4

    西村まさ彦“円満離婚”は大ウソ…乳がん患う妻に強要の冷酷

  5. 5

    急なトイレのピンチ…少女を救った大学生2人に拍手喝采!

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  8. 7

    異臭の次は房総半島の揺れ…首都直下地震“接近”の状況証拠

  9. 8

    カギは山本太郎票 IOCが気がかりな東京都知事選の「数字」

  10. 9

    小池都知事“馬耳東風”…ネット討論会が映さなかった本性

  11. 10

    相次ぐ教師の陽性…小池知事は市中感染拡大も見て見ぬふり

もっと見る