森保J司令塔候補へ大きな期待 MF南野拓実が問われる真価

公開日: 更新日:

 キリンチャレンジカップのパナマ戦(12日)を翌日に控えた日本代表の森保一監督(50)は11日、試合会場である新潟市内のデンカビッグスワンで公式会見に臨んだ。

「選手には<良い守備から良い攻撃をバランス良くつなげたい>と伝えてある。各選手が互いの意見を出し合い、すり合わせている場面が多く、チームとして融合ができていると感じている。パナマがブロックをつくって守ろうが、前からプレッシャーを掛けようが、どちらでも臨機応変に対応したいと思っています」

 いつものように少しだけ笑みを浮かべ、メディアの質問に淡々とコメント。余裕を感じさせた。

 その指揮官が、招集メンバーで大きな期待を寄せているのが、オーストリア・ザルツブルクでプレーしているMF南野拓実(23)だ。

「パナマ戦に招集された23人の中でトップ下を任せられるのは、南野ひとりだけです。他のポジションはすべてレギュラー、控えの2人が選ばれていることを考えると南野に対する森保監督の信頼の厚さが伝わってくる」と、元サッカーダイジェスト編集長の六川亨氏がこう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  3. 3

    急なトイレのピンチ…少女を救った大学生2人に拍手喝采!

  4. 4

    西村まさ彦“円満離婚”は大ウソ…乳がん患う妻に強要の冷酷

  5. 5

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    星野源「MIU404」での変幻自在 “平匡さん”から演技ガラリ

  8. 7

    泉佐野市“ふるさと納税バトル”逆転勝訴 安倍強権が赤っ恥

  9. 8

    異臭の次は房総半島の揺れ…首都直下地震“接近”の状況証拠

  10. 9

    小池都知事の“コロナ独裁”で東京発の第2波が全国拡散危機

  11. 10

    カギは山本太郎票 IOCが気がかりな東京都知事選の「数字」

もっと見る