森保J司令塔候補へ大きな期待 MF南野拓実が問われる真価

公開日:  更新日:

 キリンチャレンジカップのパナマ戦(12日)を翌日に控えた日本代表の森保一監督(50)は11日、試合会場である新潟市内のデンカビッグスワンで公式会見に臨んだ。

「選手には<良い守備から良い攻撃をバランス良くつなげたい>と伝えてある。各選手が互いの意見を出し合い、すり合わせている場面が多く、チームとして融合ができていると感じている。パナマがブロックをつくって守ろうが、前からプレッシャーを掛けようが、どちらでも臨機応変に対応したいと思っています」

 いつものように少しだけ笑みを浮かべ、メディアの質問に淡々とコメント。余裕を感じさせた。

 その指揮官が、招集メンバーで大きな期待を寄せているのが、オーストリア・ザルツブルクでプレーしているMF南野拓実(23)だ。

「パナマ戦に招集された23人の中でトップ下を任せられるのは、南野ひとりだけです。他のポジションはすべてレギュラー、控えの2人が選ばれていることを考えると南野に対する森保監督の信頼の厚さが伝わってくる」と、元サッカーダイジェスト編集長の六川亨氏がこう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  10. 10

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

もっと見る