大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

公開日: 更新日:

 二刀流の新人王受賞に非難が高まっている。

 エンゼルス・大谷翔平(24=4勝2敗、防御率3.31、打率2割8分5厘、22本塁打、61打点)を上回る結果を残したヤンキースのミゲル・アンドゥハー内野手(23=打率2割9分7厘、27本塁打、92打点)の落選に、チームの同僚から疑問視する声が相次いだのだ。

 正遊撃手グレゴリウスは自身のSNSに憎しみのこもったような表情の絵文字とともに「本当なのか」と投稿。救援左腕シェフィールドは「俺の仲間がタイトルを奪われるなんて、あり得ない」と、批判的なコメントを寄せている。

 宿敵であるレッドソックスの地元メディアもアンドゥハーを擁護する報道が目立った。ボストンのテレビ局「NESN」(電子版)は、新人王投票で「明らかに不公平な判断がある」と、二刀流のインパクトの強さで投票した記者に苦言を呈した。大谷に非があるわけではないとはいえ、ア・リーグ東地区を代表する2球団から反感を買ったのは間違いなさそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    かつて石原プロ解散を踏み止まらせた舘ひろしの男気発言

  2. 2

    ショーケンに渡哲也が激怒した“東映京都撮影所騒動”の顛末

  3. 3

    広島V逸なら緒方政権今季限り 次期監督候補に金本氏急浮上

  4. 4

    自民・萩生田氏「消費増税延期」発言に隠された姑息な狙い

  5. 5

    満身創痍も…渡哲也が貫く“男が惚れる晩節”と裕次郎イズム

  6. 6

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  7. 7

    巨人は垂涎…竜新助っ人ロメロで証明された森SDの“慧眼”

  8. 8

    改革バカにケンカを売る山本太郎「れいわ新撰組」の本気度

  9. 9

    失言や失態だけじゃない 桜田五輪大臣辞任「本当の理由」

  10. 10

    高校を中退し石原裕次郎の内弟子になろうと成城の自宅へ

もっと見る