大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

公開日:

 二刀流の新人王受賞に非難が高まっている。

 エンゼルス・大谷翔平(24=4勝2敗、防御率3.31、打率2割8分5厘、22本塁打、61打点)を上回る結果を残したヤンキースのミゲル・アンドゥハー内野手(23=打率2割9分7厘、27本塁打、92打点)の落選に、チームの同僚から疑問視する声が相次いだのだ。

 正遊撃手グレゴリウスは自身のSNSに憎しみのこもったような表情の絵文字とともに「本当なのか」と投稿。救援左腕シェフィールドは「俺の仲間がタイトルを奪われるなんて、あり得ない」と、批判的なコメントを寄せている。

 宿敵であるレッドソックスの地元メディアもアンドゥハーを擁護する報道が目立った。ボストンのテレビ局「NESN」(電子版)は、新人王投票で「明らかに不公平な判断がある」と、二刀流のインパクトの強さで投票した記者に苦言を呈した。大谷に非があるわけではないとはいえ、ア・リーグ東地区を代表する2球団から反感を買ったのは間違いなさそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  3. 3

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  6. 6

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    日ロ交渉はお先真っ暗…完黙でつけ込まれる河野“無能”外相

もっと見る