大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

公開日: 更新日:

 二刀流の新人王受賞に非難が高まっている。

 エンゼルス・大谷翔平(24=4勝2敗、防御率3.31、打率2割8分5厘、22本塁打、61打点)を上回る結果を残したヤンキースのミゲル・アンドゥハー内野手(23=打率2割9分7厘、27本塁打、92打点)の落選に、チームの同僚から疑問視する声が相次いだのだ。

 正遊撃手グレゴリウスは自身のSNSに憎しみのこもったような表情の絵文字とともに「本当なのか」と投稿。救援左腕シェフィールドは「俺の仲間がタイトルを奪われるなんて、あり得ない」と、批判的なコメントを寄せている。

 宿敵であるレッドソックスの地元メディアもアンドゥハーを擁護する報道が目立った。ボストンのテレビ局「NESN」(電子版)は、新人王投票で「明らかに不公平な判断がある」と、二刀流のインパクトの強さで投票した記者に苦言を呈した。大谷に非があるわけではないとはいえ、ア・リーグ東地区を代表する2球団から反感を買ったのは間違いなさそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    連日過熱報道でついに悲鳴…渋野日向子が“国外逃亡”する日

  2. 2

    日韓外相会談物別れでも SNS映えに走る河野外相悪ノリ外遊

  3. 3

    コンクリートに7割消える「消費増税2兆円対策」のマヤカシ

  4. 4

    F35とは“別腹” F2後継ステルス機国産化で防衛費は青天井

  5. 5

    滝クリ同居拒否は宣戦布告か?進次郎が怯える“嫁姑バトル”

  6. 6

    目玉は嵐だけ…“やめ時”を逸した24時間テレビの時代錯誤

  7. 7

    マネジャー20人交代…友近に浮上したパワハラ疑惑の行方

  8. 8

    天皇陛下以外が過去の戦争に反省の言葉を発しなかった理由

  9. 9

    三菱UFJ銀行vs三井住友銀行の給与 老後の蓄えは1億円以上

  10. 10

    史上最低大河「いだてん」に狙いを定めるN国にNHKは真っ青

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る