手術明け大谷帰国は「メリットあり」元トレーナーが明かす

公開日: 更新日:

 ア・リーグ新人王に選出されたエンゼルス・大谷翔平(24)が22日午前、日本記者クラブ(東京・千代田区)で会見。二刀流が認められてのタイトル獲得に「誰が受賞するのか分からない状況だった。率直にうれしかった」と話した。

 レギュラーシーズン終了後の10月1日に肘の靱帯を修復するトミー・ジョン(TJ)手術を受けた右肘の状態は「順調に来ている。日常生活で特に不自由することはない」と順調な回復ぶりを口にした。

 来季は二刀流を封印し、DHに専念することが決まっている。復帰時期は「今の段階でいつごろというのは特定できない」とし、二刀流を断念する可能性は「今の段階では全くない」と2020年の完全復活を見据えた。

 大谷は前日に帰国。「術後から2カ月弱。今後も継続してやっていく」という大谷のリハビリメニューに、握力強化、肘の屈伸、屈曲運動などが加わる。地味で単調な動きの繰り返しだけに、TJ手術を受けた選手にとっては気分がめいる頃でもある。適応力のある大谷でも、不慣れな米国で面白みのないリハビリを繰り返すよりも、生まれ育った日本でこなした方が効果的だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  4. 4

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  5. 5

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  6. 6

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  7. 7

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  8. 8

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  9. 9

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

  10. 10

    大谷はFA権取得前に放出か トラウト472億円契約延長の波紋

もっと見る