手術明け大谷帰国は「メリットあり」元トレーナーが明かす

公開日:

 ア・リーグ新人王に選出されたエンゼルス・大谷翔平(24)が22日午前、日本記者クラブ(東京・千代田区)で会見。二刀流が認められてのタイトル獲得に「誰が受賞するのか分からない状況だった。率直にうれしかった」と話した。

 レギュラーシーズン終了後の10月1日に肘の靱帯を修復するトミー・ジョン(TJ)手術を受けた右肘の状態は「順調に来ている。日常生活で特に不自由することはない」と順調な回復ぶりを口にした。

 来季は二刀流を封印し、DHに専念することが決まっている。復帰時期は「今の段階でいつごろというのは特定できない」とし、二刀流を断念する可能性は「今の段階では全くない」と2020年の完全復活を見据えた。

 大谷は前日に帰国。「術後から2カ月弱。今後も継続してやっていく」という大谷のリハビリメニューに、握力強化、肘の屈伸、屈曲運動などが加わる。地味で単調な動きの繰り返しだけに、TJ手術を受けた選手にとっては気分がめいる頃でもある。適応力のある大谷でも、不慣れな米国で面白みのないリハビリを繰り返すよりも、生まれ育った日本でこなした方が効果的だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  9. 9

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  10. 10

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

もっと見る