原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

公開日: 更新日:

 広島から巨人にFA移籍した丸佳浩(29)が11日、都内のホテルで入団会見を行った。背番号は会見に同席した原辰徳監督(60)が現役時代に背負った「8」に決定。巨人移籍を決めた理由について「非常に高く評価していただいたのもそうですし、原監督と話して自分を必要としてくださっている熱意を感じた。子供の頃からプロ野球といえば『東京ドーム』。憧れというか夢というか、これが決め手だった」と説明した。

 隣に座った原監督は終始、うれしそうだった。「左の長距離砲がチームに必要であると。巨人では松井(秀喜)であり、高橋由伸であると。彼らに勝っているのは守備力、走力。来季へ本当の意味でスタートが切れる。(背番号8は)私の番号でもあったけど、なんとなくうれしい」と最大級の賛辞を送った。

 松井、高橋由級といわれれば、そうかもしれない。今季は125試合に出場し、打率.306、39本塁打、97打点と打撃3部門全てでリーグ上位を争った。本塁打は昨季の23本から大幅増で自己最多。130四球を選び、出塁率.468でタイトルを獲得した。打つだけではない。原監督が言うように、6年連続ゴールデングラブ賞、7年連続2ケタ盗塁と走攻守でチームを牽引。広島をリーグ3連覇に導いたのは周知の通りだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  2. 2

    組織委・武藤事務総長またトンデモ発言!五輪コロナ感染264人を「想定内」と豪語し大炎上

  3. 3

    大阪市の消防士が4軒ハシゴして警察沙汰に…市消防局の言い草と開き直り

  4. 4

    秋篠宮ご夫妻は事態打開に動かず…眞子さまの実の母よりも小室ママにやさしい態度がネックに?

  5. 5

    鈴木亮平「TOKYO MER」高視聴率の秘密は「水戸黄門」&「アルマゲドン」感

  6. 6

    元「ラーメンズ」片桐仁の俳優活動が大ピンチ! 劇場版「99.9 -刑事専門弁護士-」降板か

  7. 7

    カンニング竹山“小山田圭吾批判”の急先鋒も…14年前の“後輩いびり”に違和感の声

  8. 8

    東京五輪の会場外あちこちに「密」が…“裏口観戦”クラスター発生危機に組織委お手上げ

  9. 9

    郷ひろみ“前期高齢者”でも超元気の秘訣 歌手デビュー50周年で555曲サブスク解禁

  10. 10

    河野担当相「ワクチンだけでは難しい」と白旗! デルタ株“ブレークスルー感染”の猛威

もっと見る