原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

公開日:

 広島から巨人にFA移籍した丸佳浩(29)が11日、都内のホテルで入団会見を行った。背番号は会見に同席した原辰徳監督(60)が現役時代に背負った「8」に決定。巨人移籍を決めた理由について「非常に高く評価していただいたのもそうですし、原監督と話して自分を必要としてくださっている熱意を感じた。子供の頃からプロ野球といえば『東京ドーム』。憧れというか夢というか、これが決め手だった」と説明した。

 隣に座った原監督は終始、うれしそうだった。「左の長距離砲がチームに必要であると。巨人では松井(秀喜)であり、高橋由伸であると。彼らに勝っているのは守備力、走力。来季へ本当の意味でスタートが切れる。(背番号8は)私の番号でもあったけど、なんとなくうれしい」と最大級の賛辞を送った。

 松井、高橋由級といわれれば、そうかもしれない。今季は125試合に出場し、打率.306、39本塁打、97打点と打撃3部門全てでリーグ上位を争った。本塁打は昨季の23本から大幅増で自己最多。130四球を選び、出塁率.468でタイトルを獲得した。打つだけではない。原監督が言うように、6年連続ゴールデングラブ賞、7年連続2ケタ盗塁と走攻守でチームを牽引。広島をリーグ3連覇に導いたのは周知の通りだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  8. 8

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  9. 9

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  10. 10

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

もっと見る