鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け

公開日: 更新日:

 若手のため息が聞こえてきそうだ。

 5年契約を結んでいる阪神の鳥谷敬(37)が5日、現状維持の年俸4億円でサインした。来季が契約最終年になる。

 今季は開幕こそ二塁のスタメンで出場するも、4月に入るとスタメン落ちが目立ち、5月29日のソフトバンク戦(交流戦)では出場機会がなく、連続試合出場が「1939」で途切れた。

 結局、出場121試合、打率.232、22打点、1本塁打。最下位の戦犯でも複数年契約のため、来季も4億円が保障された。

 鳥谷の煽りを食った形なのが、2年目の大山悠輔(23)だ。

 今季は開幕戦で巨人菅野に一発を浴びせ、幸先のいいスタートを切った。

 その後は7月までほとんど戦力にならなかったが、117試合に出場。打率.274、11本塁打、48打点という数字は、いずれも前年を上回り、本塁打と打点は、福留、糸井に次ぐチーム3位の成績。これで500万円の微増(3000万円)はないだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    れいわ奇跡の躍進 山本太郎「政権を狙いに行く」の現実味

  2. 2

    ほぼ「絶対君主」吉本興業・岡本昭彦社長のコワモテ評判

  3. 3

    宮迫と亮に暗部暴かれ…吉本は“芸人クーデター”で瓦解寸前

  4. 4

    「NHKから国民を守る党」まさかの議席獲得…NHKは戦々恐々

  5. 5

    改憲だけは阻止した参院選 与党過半数でも波乱の予兆<上>

  6. 6

    無許可で造った“ゲリラ花壇”を発見した市職員の粋な対応

  7. 7

    吉本「契約書なし」にカミついたハリセンボン春菜の正論

  8. 8

    「俺は基本、嫌いな人とは仕事しませんもん(笑い)」

  9. 9

    N国議席獲得で古谷経衡氏が指摘「常識が溶けていく恐怖」

  10. 10

    後半戦初登板で3人炎上 セのエースをつまづかせた“真犯人”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る