広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

公開日:  更新日:

 広島から巨人へFA移籍した丸佳浩(29)。広島の提示した条件は4年総額17億円と報じられているが、関係者によれば、実際は3年12億円だったとの情報もある。

 5年30億円超とも5年総額35億円規模ともいわれる巨人との金銭面の開きは大きかった。

 それでも「マネーゲームはしない」という広島は頑として条件を変えなかった。リーグ3連覇を果たし、人気球団になったにもかかわらず、なぜ条件の上積みをしなかったのか。これには事情がある。

 順調にいけば来年、投手の野村、今村、捕手の会沢、二塁手の菊池が相次いで国内FA権を取得する。前年のこのオフは、複数年契約など、慰留のためのまとまった資金が必要になる。丸だけに何十億円もつぎ込めなかったのが実情だ。近々権利を取るのが、球団が最も重視する「センターライン」の主力ばかりというのもフロント幹部の頭痛の種となっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  8. 8

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  9. 9

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  10. 10

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

もっと見る