日ハム吉田輝星&中日・根尾昴 早くも流れる狂想曲の舞台裏

公開日:

 文字通り「金の卵」を手にした両球団が、早くも欣喜雀躍だという。

 今夏の甲子園で一躍、全国区のスターになった吉田輝星(金足農)をドラフト1位で獲得した日本ハムは19日、来年1月に二軍本拠地の千葉・鎌ケ谷で行う新入団選手歓迎式典の入場チケットを発売。午前10時に販売を開始すると、約2000枚がわずか10分で完売した。清宮幸太郎が入団した昨年の同歓迎式典は完売までに2~3日を要したというから、吉田人気の高さがうかがえる。

 今秋ドラフト直後には関大名誉教授の宮本勝浩氏が、吉田の日本ハム入団による経済効果を「30億円」と算出して話題になったが、日本ハムの球団関係者がこう言う。

「来季の鎌ケ谷のシーズンシートの売り上げは、ドラフトを境にそれまでの約3・5倍増になりました。球団のファンクラブ会員数も(吉田の出身地である)秋田県からの入会者が前年より600人ほど増え、700人を上回った。全国的にも前年を上回りそうです。シーズンシートは現在も購入者を募っていて、吉田選手に興味を持って購入していただいたり、購入を検討するお客さんがかなり多い印象です。『ハンカチフィーバー』を巻き起こした斎藤が入団したときと同じような熱気を感じています」

 11月に秋田で行われた県民栄誉賞の授賞式の観覧では、定員800人のところ1万人超の応募が殺到。実に13倍の抽選となっただけに、日本ハム関係者は今後もシーズンシートの売り上げ増にソロバンをはじく。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  8. 8

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  9. 9

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  10. 10

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

もっと見る