日ハム吉田輝星&中日・根尾昴 早くも流れる狂想曲の舞台裏

公開日: 更新日:

 文字通り「金の卵」を手にした両球団が、早くも欣喜雀躍だという。

 今夏の甲子園で一躍、全国区のスターになった吉田輝星(金足農)をドラフト1位で獲得した日本ハムは19日、来年1月に二軍本拠地の千葉・鎌ケ谷で行う新入団選手歓迎式典の入場チケットを発売。午前10時に販売を開始すると、約2000枚がわずか10分で完売した。清宮幸太郎が入団した昨年の同歓迎式典は完売までに2~3日を要したというから、吉田人気の高さがうかがえる。

 今秋ドラフト直後には関大名誉教授の宮本勝浩氏が、吉田の日本ハム入団による経済効果を「30億円」と算出して話題になったが、日本ハムの球団関係者がこう言う。

「来季の鎌ケ谷のシーズンシートの売り上げは、ドラフトを境にそれまでの約3・5倍増になりました。球団のファンクラブ会員数も(吉田の出身地である)秋田県からの入会者が前年より600人ほど増え、700人を上回った。全国的にも前年を上回りそうです。シーズンシートは現在も購入者を募っていて、吉田選手に興味を持って購入していただいたり、購入を検討するお客さんがかなり多い印象です。『ハンカチフィーバー』を巻き起こした斎藤が入団したときと同じような熱気を感じています」

 11月に秋田で行われた県民栄誉賞の授賞式の観覧では、定員800人のところ1万人超の応募が殺到。実に13倍の抽選となっただけに、日本ハム関係者は今後もシーズンシートの売り上げ増にソロバンをはじく。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ吉本退社の明暗…藤森のタナボタはいつまで続く?

  2. 2

    エンゼルス大谷の現在地 調停金額で分かった二刀流の評価

  3. 3

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  4. 4

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  5. 5

    近藤春菜「スッキリ」卒業後は婚活?厳格に育ったお嬢さん

  6. 6

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  7. 7

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  8. 8

    ロッテ清田「無期限謹慎」は選手の不倫にブレーキかけるか

  9. 9

    巨人桑田コーチ補佐“先発135球”指令の波紋 何人できるか?

  10. 10

    森七菜はまだマシ?ステージママは売れる前にわが子を潰す

もっと見る