根尾獲得だけでは終わらない 中日は“岐阜シフト”で大成功

公開日:

 岐阜を治めた。

 “1番人気”だった根尾昂(大阪桐蔭)は4球団が競合。当たりを引いたのは、中日の与田剛監督だった。抽選後は「絶対に外せないという思いだった」と安堵の表情。どこよりも早く指名を公言した「愛」が実った。

 根尾は岐阜県飛騨市出身。小学生の頃は「ドラゴンズジュニア」でプレーした経験もあるため、「何か縁を感じます。小さい時からテレビで中日ドラゴンズさんの試合がやっていたので、馴染みのあるチーム。強い印象があります」と語った。

 中日は激戦の根尾を引き当ててから「岐阜包囲網」を加速させる。3位に土岐商出身の勝野昌慶(三菱重工名古屋)、5位で根尾と飛騨高山ボーイズでチームメートだった垣越建伸(山梨学院高)を指名。西山球団代表は以前から「同じ力なら地元を優先する」と明言してきたが、この日はうれしさのあまり「地元にこだわっているのはあるし、(5位の垣越獲得は)根尾くんの力がある」とポロリ。当然、これには“裏”がある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  4. 4

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  10. 10

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

もっと見る