根尾獲得だけでは終わらない 中日は“岐阜シフト”で大成功

公開日:

 岐阜を治めた。

 “1番人気”だった根尾昂(大阪桐蔭)は4球団が競合。当たりを引いたのは、中日の与田剛監督だった。抽選後は「絶対に外せないという思いだった」と安堵の表情。どこよりも早く指名を公言した「愛」が実った。

 根尾は岐阜県飛騨市出身。小学生の頃は「ドラゴンズジュニア」でプレーした経験もあるため、「何か縁を感じます。小さい時からテレビで中日ドラゴンズさんの試合がやっていたので、馴染みのあるチーム。強い印象があります」と語った。

 中日は激戦の根尾を引き当ててから「岐阜包囲網」を加速させる。3位に土岐商出身の勝野昌慶(三菱重工名古屋)、5位で根尾と飛騨高山ボーイズでチームメートだった垣越建伸(山梨学院高)を指名。西山球団代表は以前から「同じ力なら地元を優先する」と明言してきたが、この日はうれしさのあまり「地元にこだわっているのはあるし、(5位の垣越獲得は)根尾くんの力がある」とポロリ。当然、これには“裏”がある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  8. 8

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  9. 9

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  10. 10

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

もっと見る