GWデビューで新人王も 吉田輝星に「完成されてる」の声

公開日: 更新日:

「ほぼ完成されているといっていい」

 日本ハムのドラフト1位・吉田輝星(金足農)を、こう見ているプロのスカウトは多い。

 最速152キロのストレートとスライダーは一級品。フォークやチェンジアップなど、落ちる球の習得など課題はゼロではないものの、パ球団スカウトは「背丈や投球スタイルを見ても、早実時代の斎藤佑樹がそのままプロに行くイメージがある」とこう続ける。

「斎藤は早実時代に完成されていた。早大に進学し、2年生までがピークだった。1年時は8勝2敗、防御率1.06。2年時は10勝3敗、防御率1.21。斎藤は大学卒業後のプロ1年目に6勝を挙げており、高校からプロ入りしていれば、プロの恵まれたトレーニング環境も後押しして、もっとバリバリやっていたはず。一方、吉田は斎藤よりもストレートの質がいい。あのホップする球はプロでも空振りが取れる。スタミナ豊富で、内角も強気に攻める。早ければGWくらいに一軍デビューし、1年目から7、8勝する力は秘めています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    官邸の暗躍と官僚の忖度…諸悪の起点は2015年になぜ集中

  2. 2

    生存者を無視 拉致被害者家族も見限る安倍首相の“二枚舌”

  3. 3

    米倉涼子「シカゴ」で夏不在でも "視聴率女王"安泰のワケ

  4. 4

    最高月収1200万円…オネエタレントの山咲トオルさんは今

  5. 5

    視聴率首位も視野「3年A組」は数字が評判に追いついた

  6. 6

    フジ「QUEEN」は苦戦中 竹内結子に課せられた“ウラの使命”

  7. 7

    2018年はTV出演たった4本…ゆるキャラ「ふなっしー」は今

  8. 8

    即戦力推進も…オスカープロモーションは新たな試練の時期

  9. 9

    NHK「まんぷく」でまた脚光 東風万智子に“再改名”のススメ

  10. 10

    大阪都構想“クロス選”脅し不発 松井知事に市民ドッチラケ

もっと見る