経済効果30億円…吉田輝星のキャンプ巡り米と沖縄が綱引き

公開日: 更新日:

 日本ハムに1位指名された吉田輝星(金足農)に早くもラブコールが送られている。

 日ハムは来春、一軍は1次キャンプを米国・アリゾナ、二軍は沖縄・国頭で行う。最大30億円の経済効果が予想される吉田だけに、どちらのキャンプに帯同するかで、様相は大きく変わる。

 二軍スタートとなれば、国頭村に多くのファンとマスコミが殺到するのは必至。13年、投打二刀流で話題をさらった大谷翔平のプロ1年目のキャンプ初日は、報道陣100人、ファン300人が大挙した。地元関係者によれば、吉田の二軍帯同を想定してか、国頭村が位置する沖縄北部の宿泊施設の予約が徐々に埋まっているという。

 同村の宮城村長は、来るべき吉田のブルペン入りに備え、観覧シートの設置を検討すると発言。1億円をかけたウエート施設の完成は20年1月だが、吉田の受け入れ態勢を整えようという意思は垣間見える。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  2. 2

    山口達也再逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  3. 3

    8歳で来日したサヘル・ローズさん 母と日本で極貧の日々も

  4. 4

    斎藤幸平氏 ウィズコロナで考える“資本主義ではない”社会

  5. 5

    つるの剛士Twitter「リスト」流出 ネットがザワついた中身

  6. 6

    もし万が一、照ノ富士2場所連続Vなら大関復帰させてやれよ

  7. 7

    箱根駅伝は無観客開催…背後に透ける「傲慢とカネと宣伝」

  8. 8

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  9. 9

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  10. 10

    巨人余剰戦力「ロッテ澤村に続け」とトレード志願が殺到中

もっと見る