大坂なおみ2019年の課題 “強力サーブ”磨けばトップ3入りも

公開日: 更新日:

 グランドスラムの全米オープンを制した大坂なおみ(21)の18年は、計5115ポイントで世界ランク5位だった。いま以上にランキングを上げることは可能なのか。

「シーズン序盤から春先にかけて、結果が出なくても焦らないこと。7月のウィンブルドンくらいに照準を合わせて、武器のサーブを強化すれば期待できる」と、スポーツライターの武田薫氏がこう続ける。

「大坂の最大の武器はパワーであり、強力なサーブです。いま以上にサーブに磨きをかけてエースの数を増やせば、課題のレシーブにかかる重圧も軽減される。そうやってサーブを強化した上で、球足の速いウィンブルドン以降の大会を目標にできるかどうか。5115ポイントのうち、1000ポイントは18年3月のインディアンウェルズで稼いだもの。19年の同大会は優勝しなければポイントが下がり、プレッシャーもかかると思うが、たとえ1回戦負けで1000ポイントを失うことになっても10位のカサトキナ(3415ポイント)とは大きな差がある。焦らず長所を伸ばした上で、シーズン中盤以降を目標にできるかどうかでしょう」

 そのあたりの手綱さばきも含め、18年の最優秀コーチに選ばれたサーシャ・バインの手腕にかかっているというのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

  2. 2

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  3. 3

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  4. 4

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  5. 5

    ローン嫌いは意外に多い 現金主義のメリットと得するコツ

  6. 6

    銀行口座は3つを使い分け 7年で1000万円貯めた主婦の凄腕

  7. 7

    3月の侍J入りも辞退 巨人に“丸効果”ジワリで指揮官も賛辞

  8. 8

    常盤貴子「グッドワイフ」も評判 “ネオ美熟女”はなぜ人気

  9. 9

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  10. 10

    菅田将暉「3年A組」好調の深い意味…日テレの新看板枠に

もっと見る