制球難の菊池雄星 左肩の不安が「肘」に飛び火する可能性

公開日: 更新日:

 日本人左腕には受難の年になりかねない。

 西武から、ポスティングシステムでシアトル・マリナーズ入りが決まった菊池雄星(27)。メジャーでも貴重な左腕ゆえ大きく注目されるが、前途は多難だ。

「最速150キロ超の直球に、カーブ、スライダー、チェンジアップと球種は豊富だが、コントロールがアバウト。立ち上がりから球数がかさみ、試合中盤で100球に達するケースも少なくないのではないか。ここ数年はリリーフの重要性が増した。先発投手を引っ張ることはせず、90球程度で降板させるチームが増えている。制球難の菊池はクオリティースタート(QS=6回以上を自責点3以内)はおろか、思うように白星を稼げない可能性はある」(ア・リーグスカウト)

 18年5月には、左肩の不調で戦列を離れたのも懸念材料だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    上沼恵美子が試される…フジテレビの“実験”は吉と出るか

  5. 5

    元スピードスケート五輪銅 山中宏美さんは銭湯でヨガ講師

  6. 6

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  7. 7

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

  8. 8

    遠のく錦織GS制覇…稚拙なチームとマネジメントに疑問の声

  9. 9

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  10. 10

    一体何が…大坂なおみ“心の支柱”サーシャ氏と決別の衝撃

もっと見る