プロ人生に終止符 摂津正の「10年」はソフトB“慧眼”の証明

公開日: 更新日:

「正直、10年やれるとは思ってなかった」

 8日、ソフトバンクの摂津正(36)が引退会見を行い、心境を吐露した。

 ここ3年間は4億円もの年俸をもらいながら、計21試合で4勝8敗。14年オフに行った肉体改造の失敗や、工藤監督との確執もあって、出番が激減した。ある球団関係者は「増量に失敗してフォームのバランスを崩し逆にパワーダウン。見かねた工藤監督がアドバイスを重ねたものの頑固な摂津は聞く耳を持たなかった。報道対応を重視する指揮官と、そうでない摂津という考え方の不一致もあり、一軍とは疎遠になった」と言う。

 それでも摂津がずぬけた投手だったことは、色あせない事実だ。2009年の入団1年目から2年連続で、リリーフとしてリーグ最多登板となる70、71試合に登板。11年からは先発に転向し、12年には沢村賞を獲得するなど5年連続2ケタ勝利をマークした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    上沼恵美子が試される…フジテレビの“実験”は吉と出るか

  5. 5

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  6. 6

    元スピードスケート五輪銅 山中宏美さんは銭湯でヨガ講師

  7. 7

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

  8. 8

    遠のく錦織GS制覇…稚拙なチームとマネジメントに疑問の声

  9. 9

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  10. 10

    一体何が…大坂なおみ“心の支柱”サーシャ氏と決別の衝撃

もっと見る