浅村と西逃すも…ソフトバンクFA惨敗がプラス作用する理由

公開日:

 これでいいのだ――そう思える日は必ずやってくる。

「金満球団」と言われながらも、今オフの補強で失敗続きなのがソフトバンク。獲得を目指していたFA選手の浅村(楽天)、西(阪神)には逃げられ、現在、補強はゼロだ。

 優勝旅行先のハワイで工藤監督が「(中継ぎの)スアレスは先発もできる。本人にも、そのつもりで調整してくれ、と伝えた」と配置転換を明かしたのも、西を逃したことと無関係ではないはずだ。

 しかし、この球団にとって補強失敗は必ずしもマイナスにはならない。ソフトバンクは主力選手の高齢化が問題になっている。中でも野手は顕著で、内川(36)、松田宣(35)、デスパイネ(32)、中村晃(29)らの他に、頼れる控えの川島も35歳だ。

 若手が育ってないわけではない。今季、57試合で二塁を守った牧原(26)は規定打席には到達していないながらも打率3割をマーク。引退した本多の後釜として期待されている。同じ二塁手の浅村を獲得していれば、当然出番は減ることになった。

 投手も一軍枠争奪戦が激化しているからこそ、石川(26)、高橋礼(23)らがチャンスを掴んだ。

 今季はベテラン勢にケガ人が続出し、V逸。結果として若手の成長を促すことになれば、「負け戦」も意味があるというものだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る