引退後モンゴルにも居場所なく…貴ノ岩に格闘技界が熱視線

公開日:

 冬巡業中に付け人をぶん殴った大相撲の貴ノ岩(28)が7日、あっけなく引退した。

 この日、師匠の千賀ノ浦親方(57=元小結隆三杉)とともに両国国技館を訪れ、協会の八角理事長(元横綱北勝海)に引退届を提出。芝田山広報部長(元横綱大乃国)によれば、理事長は再三にわたって「本当にそれでいいのか?」と確認したそうだが、本人の意志が固く、受理された。

「問題は今後です。旧貴乃花部屋時代から素行不良が問題視され、後輩イジメが常態化していたといわれる貴ノ岩に対し、角界では同情する声は皆無と言っていい。自身が被害者となった昨年10月の日馬富士による暴行事件で分かるように、同胞のモンゴル人力士の間でも完全に浮いていた。その暴行事件で日馬富士が引退し、結果的に英雄のクビを取ったと母国モンゴルでは貴ノ岩バッシングが巻き起こった。つまり、角界はもちろん、同胞の間にも母国にも居場所がない状態。貴ノ岩に救いの手が差し伸べられそうもないのです」(角界関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  5. 5

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  6. 6

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  7. 7

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  10. 10

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

もっと見る