阪神の補強策またも迷走…候補に自由契約選手がズラリの愚

公開日: 更新日:

「それだけはないやろ」と、声を荒らげたのは阪神OBだ。

 矢野新監督は育成重視を継続することから、今オフのFA市場ではオリックス右腕の西の獲得には動くが、野手については静観の構え。野手の補強は一塁を守れる助っ人大砲に絞っているのだが、一部スポーツ紙などが、他球団の自由契約選手の獲得調査に乗り出す可能性について言及。ソフトバンクの摂津(36)、寺原(35)、五十嵐(39)、城所(33)、ヤクルトの成瀬(33)といった30歳過ぎの名前がズラリと挙がっていた。

 前出のOBが言う。

「得点力不足で最下位に転落したが、育成重視でFA野手の丸や浅村の獲得は見送るというのは理解できる。二軍で指揮を執った矢野監督も生え抜きを育てたいといってるしな。それなら、投手でも野手でもネームバリューがあるからといって他球団がクビにした選手に手を出すのは一番やってはいけないこと。そもそも金本監督の続投を前提にフロントは来季の組閣を進めながら、いきなり監督解任だろ。ドラフトだって藤原(大阪桐蔭・外野手)や辰己(立命大・外野手)を逃し大失敗に終わった。ソフトバンクや日本ハムのように腰の据わったチーム強化や球団運営、選手育成は無理にしても、考えてることがサッパリわからん」

 ここ10年、どの球団も程度の差はあっても前へ進んでいるのに、阪神だけが逆戻りしているようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人・小林「銀さんに全部負け」直撃取材に“弱気発言”連発

  2. 2

    テレ朝が“忖度”人事か…安倍政権追及の経済部長を更迭

  3. 3

    ジャーナリスト宮下洋一氏 日本での安楽死法制化には反対

  4. 4

    ジャニー喜多川氏の救急搬送で中居正広と木村拓哉の今後は

  5. 5

    海外ドラマのメインキャストに 山下智久の気になる英語力

  6. 6

    宮迫ら闇営業11人処分! 吉本興業「遅すぎた決断」の代償

  7. 7

    日ハム輝星“直球8割でも抑えられる”を科学データで謎解き

  8. 8

    宮迫「アメトーク!」優良スポンサーCM消滅危機で崖っぷち

  9. 9

    “闇営業問題”泥沼化 スポンサー撤退にNHK調査開始の大混乱

  10. 10

    大船渡・佐々木朗希に“逆指名”させようともくろむ球団が

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る