阪神の補強策またも迷走…候補に自由契約選手がズラリの愚

公開日: 更新日:

「それだけはないやろ」と、声を荒らげたのは阪神OBだ。

 矢野新監督は育成重視を継続することから、今オフのFA市場ではオリックス右腕の西の獲得には動くが、野手については静観の構え。野手の補強は一塁を守れる助っ人大砲に絞っているのだが、一部スポーツ紙などが、他球団の自由契約選手の獲得調査に乗り出す可能性について言及。ソフトバンクの摂津(36)、寺原(35)、五十嵐(39)、城所(33)、ヤクルトの成瀬(33)といった30歳過ぎの名前がズラリと挙がっていた。

 前出のOBが言う。

「得点力不足で最下位に転落したが、育成重視でFA野手の丸や浅村の獲得は見送るというのは理解できる。二軍で指揮を執った矢野監督も生え抜きを育てたいといってるしな。それなら、投手でも野手でもネームバリューがあるからといって他球団がクビにした選手に手を出すのは一番やってはいけないこと。そもそも金本監督の続投を前提にフロントは来季の組閣を進めながら、いきなり監督解任だろ。ドラフトだって藤原(大阪桐蔭・外野手)や辰己(立命大・外野手)を逃し大失敗に終わった。ソフトバンクや日本ハムのように腰の据わったチーム強化や球団運営、選手育成は無理にしても、考えてることがサッパリわからん」

 ここ10年、どの球団も程度の差はあっても前へ進んでいるのに、阪神だけが逆戻りしているようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  4. 4

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  5. 5

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  6. 6

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  7. 7

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  8. 8

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  9. 9

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

  10. 10

    大谷はFA権取得前に放出か トラウト472億円契約延長の波紋

もっと見る