阪神の補強策またも迷走…候補に自由契約選手がズラリの愚

公開日:

「それだけはないやろ」と、声を荒らげたのは阪神OBだ。

 矢野新監督は育成重視を継続することから、今オフのFA市場ではオリックス右腕の西の獲得には動くが、野手については静観の構え。野手の補強は一塁を守れる助っ人大砲に絞っているのだが、一部スポーツ紙などが、他球団の自由契約選手の獲得調査に乗り出す可能性について言及。ソフトバンクの摂津(36)、寺原(35)、五十嵐(39)、城所(33)、ヤクルトの成瀬(33)といった30歳過ぎの名前がズラリと挙がっていた。

 前出のOBが言う。

「得点力不足で最下位に転落したが、育成重視でFA野手の丸や浅村の獲得は見送るというのは理解できる。二軍で指揮を執った矢野監督も生え抜きを育てたいといってるしな。それなら、投手でも野手でもネームバリューがあるからといって他球団がクビにした選手に手を出すのは一番やってはいけないこと。そもそも金本監督の続投を前提にフロントは来季の組閣を進めながら、いきなり監督解任だろ。ドラフトだって藤原(大阪桐蔭・外野手)や辰己(立命大・外野手)を逃し大失敗に終わった。ソフトバンクや日本ハムのように腰の据わったチーム強化や球団運営、選手育成は無理にしても、考えてることがサッパリわからん」

 ここ10年、どの球団も程度の差はあっても前へ進んでいるのに、阪神だけが逆戻りしているようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  9. 9

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  10. 10

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

もっと見る