“日の丸”は二の次…大坂なおみ「1位」キープへツアー優先

公開日: 更新日:

 全米オープンに続いて全豪も制して、28日に世界ランク1位になった大坂なおみ(21)。

 全豪が行われたメルボルンには、日本からテニス協会の幹部が足を運んだものの、大坂の気持ちは「日の丸」より「ツアー」にあるようだ。

 次戦の予定は2月11~16日のカタールオープン(ドーハ)。日程の重なる2月9~10日のフェド杯(国別対抗戦、対スペイン=北九州)の出場選手は試合の10日前に発表されるが、大坂の名前はメンバーの候補にすらなかったという。

 プロテニス選手は基本的に、五輪やフェド杯よりツアー優先。錦織も含めてツアーで勝つことが何より重要だし、その結果は自身のランキングに直結するからだ。

「大坂はオフの間からモデルチェンジに取り組んでいる。最大の武器はパワーであり、強力なサーブだが、オフはサーブよりストロークや小技の練習に時間を割いた。まだ21歳だし、単なるビッグサーバーでなく、オールラウンドプレーヤーを目指しているのです。全豪を制したとはいえ、モデルチェンジは完成途上ですからね。ランキングも維持しなきゃならないことを考えたら、フェド杯に出ている余裕はないでしょう」とはマスコミ関係者だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  2. 2

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  3. 3

    安倍首相の体調不良説に拍車 高級ジム滞在「3時間半」の裏

  4. 4

    コソコソ逃げる安倍首相は、なぜそんなに会見が嫌なのか?

  5. 5

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  6. 6

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  7. 7

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  8. 8

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  9. 9

    「重症者数少ない」の落とし穴 4月緊急事態宣言前より深刻

  10. 10

    サザンも山下達郎も参戦 大盛況オンラインライブの銭勘定

もっと見る