五輪後に加速…協会や官邸が狙う大坂なおみの“国籍包囲網”

公開日: 更新日:

■五輪より4大大会

 昨年の全米オープンに続いて、全豪も制した大坂なおみ(21)。28日に世界ランク1位が決定し、テレビやスポーツ紙などのメディアはお祭り騒ぎだ。

 男女を通じてアジア初のシングルス世界ランク1位。4大大会2大会連続優勝は、2014年全米から4大会連続で制したセリーナ・ウィリアムズ(米国)以来。大坂が世界的な快挙を成し遂げたのは間違いないが、そんな彼女を囲い込もうという動きが周辺にはある。

 大坂は現在、日本と米国の二重国籍だが、選手登録は日本。昨年4月の国別対抗戦フェド杯で代表になったため、国籍移動を3年間禁じたオリンピック規則により、20年東京五輪は日本代表としてしか出場できないのだ。

 テニスの頂点はあくまでも4大大会。選手にとって、五輪はさほど重要な位置付けではない。それでも大坂は日本で開催される東京五輪にだけは出たいと考えているという。母親や祖父の祖国で行われる五輪だからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ナゾの男が骨董店で中古ピアノを演奏…話は意外な展開に!

  2. 2

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  3. 3

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  4. 4

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  5. 5

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  6. 6

    ドラマで描かれないシーン 古関裕而は無類の愛煙家だった

  7. 7

    11点差の負け試合に野手登板 G原采配「最善策」の違和感

  8. 8

    巨人の快進撃を支える「神走塁」 地味ながら凄い3人の正体

  9. 9

    先の大戦と酷似 デマと精神論が蔓延するコロナ禍ニッポン

  10. 10

    裕次郎さんの自宅から遺跡が…本人と石原プロ社員の神対応

もっと見る