五輪後に加速…協会や官邸が狙う大坂なおみの“国籍包囲網”

公開日: 更新日:

■五輪より4大大会

 昨年の全米オープンに続いて、全豪も制した大坂なおみ(21)。28日に世界ランク1位が決定し、テレビやスポーツ紙などのメディアはお祭り騒ぎだ。

 男女を通じてアジア初のシングルス世界ランク1位。4大大会2大会連続優勝は、2014年全米から4大会連続で制したセリーナ・ウィリアムズ(米国)以来。大坂が世界的な快挙を成し遂げたのは間違いないが、そんな彼女を囲い込もうという動きが周辺にはある。

 大坂は現在、日本と米国の二重国籍だが、選手登録は日本。昨年4月の国別対抗戦フェド杯で代表になったため、国籍移動を3年間禁じたオリンピック規則により、20年東京五輪は日本代表としてしか出場できないのだ。

 テニスの頂点はあくまでも4大大会。選手にとって、五輪はさほど重要な位置付けではない。それでも大坂は日本で開催される東京五輪にだけは出たいと考えているという。母親や祖父の祖国で行われる五輪だからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「一軒家」逆転で…「イッテQ!」に意外なリストラ候補が

  2. 2

    「嫌いな女」10位に広瀬すず “炎上発言”とゴリ押しアダか

  3. 3

    磯野貴理子は女神か都合のいい女か…男女問題研究家の見解

  4. 4

    いまさら聞けない年金受給 59歳から始める満額もらう準備

  5. 5

    理由は子どもだけか 磯野貴理子“2度目離婚”芸能記者の見方

  6. 6

    虎オーナー補強封印で…矢野監督に“糸井&福留切り”の大役

  7. 7

    沢尻エリカ復調の兆し 再結成「沢尻会」の意外な顔ぶれ

  8. 8

    国会議員らの毛髪検査で…発がん性「農薬」検出7割の驚愕

  9. 9

    芸能界ファミリー新派閥「瑛太会」を悩ます“ボス”の酒癖

  10. 10

    米中貿易戦争の加熱で古紙不足 石油危機パニックの再来か

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る