五輪後に加速…協会や官邸が狙う大坂なおみの“国籍包囲網”

公開日: 更新日:

■五輪より4大大会

 昨年の全米オープンに続いて、全豪も制した大坂なおみ(21)。28日に世界ランク1位が決定し、テレビやスポーツ紙などのメディアはお祭り騒ぎだ。

 男女を通じてアジア初のシングルス世界ランク1位。4大大会2大会連続優勝は、2014年全米から4大会連続で制したセリーナ・ウィリアムズ(米国)以来。大坂が世界的な快挙を成し遂げたのは間違いないが、そんな彼女を囲い込もうという動きが周辺にはある。

 大坂は現在、日本と米国の二重国籍だが、選手登録は日本。昨年4月の国別対抗戦フェド杯で代表になったため、国籍移動を3年間禁じたオリンピック規則により、20年東京五輪は日本代表としてしか出場できないのだ。

 テニスの頂点はあくまでも4大大会。選手にとって、五輪はさほど重要な位置付けではない。それでも大坂は日本で開催される東京五輪にだけは出たいと考えているという。母親や祖父の祖国で行われる五輪だからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮本亞門さん「私が一番心配なのは国民の心が折れること」

  2. 2

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  3. 3

    小室圭さん不信を生んだ「婚約内定」発覚翌日の不可解行動

  4. 4

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

  5. 5

    巨人あるか今季2度目の“粛清人事”…阪神に惨敗で3位に転落

  6. 6

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  7. 7

    巨人66億円FA組と新助っ人総崩れ…原監督が引導渡される日

  8. 8

    眞子さま“10月婚”諦めず…小室さんとの新居購入が困難な訳

  9. 9

    熊田曜子の離婚は成立するのか?DVに詳しい弁護士に聞いた

  10. 10

    丸川五輪相“ああ勘違い”空回り 妄言連発に自民からも苦言

もっと見る