ミスで自滅しない 大坂なおみが進化した「メタ認知」とは

公開日: 更新日:

 もはや驚く結果ではない。

 テニスの全豪オープン女子シングルス準決勝は、世界ランキング4位で第4シードの大坂なおみ(21)が、同8位で第7シードのカロリナ・プリスコバ(26=チェコ)と対戦。2―1で勝利し、同大会では日本勢初の決勝進出を決め、昨年の全米オープンに続くグランドスラム2連勝に挑む。相手は同6位で第8シードのペトラ・クビトバ(28=チェコ)だ。

「相手のサーブが良く、難しい試合だった。決勝戦はとてもワクワクしている。ベストのプレーをして全力を尽くしたい」

 日本時間26日の決勝に向けてこう語った大坂の強みは、ハイチ系米国人の父から受け継ぐDNAだけではない。180センチの身長、オフに4キロ減量しても60キロを超える体重から放たれるサーブは確かに日本人離れしているものの、「メンタル面の成長が大坂を変えた」というのは、スポーツ心理学者でプロテニスコーチの児玉光雄氏だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  2. 2

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  3. 3

    引退も覚悟? 小倉優香ラジオ降板テロの裏に年収1億円彼氏

  4. 4

    阿炎“キャバクラ引退届”の謎 錣山親方の暴走に協会も困惑

  5. 5

    安倍首相“吐血情報”で広がる健康不安説…国会拒否の理由か

  6. 6

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  7. 7

    カジサックの悪評止まず…ギャラ低すぎて宮迫陣営へ流出?

  8. 8

    夫の定年後に妻の外出が増加 交際費と被服費が家計を圧迫

  9. 9

    劇的復活Vも問題はここから…照ノ富士「大関復帰」の条件

  10. 10

    阿炎キャバクラ通いバレ引退届 協会激怒も不受理の可能性

もっと見る