ナにDH導入案で大谷“二刀流”価値上昇 29歳FAならいくら?

公開日: 更新日:

 ルール変更によって二刀流の存在価値はどう変わるか。

 大リーグ機構(MLB)と大リーグ選手会は現在、ベンチ入りの人数を現行の25人から26人とするなどのルール変更を検討している。試合時間短縮のため「20秒ルール」徹底の他、ア・リーグのみ実施されている「DH制」をナ・リーグにも導入する案などが挙がっているという。

 このDH制については、すでにマンフレッド・コミッショナー(C)が「2022年まで見直しは行わない。早くても22年以降になる」との見通しを明かしている。

 ナでもDH制が採用されれば、エンゼルス・大谷翔平(24)は大きな影響を受けることになる。ナ・リーグでも、昨季のエンゼルスのように、中6日で登板しながら、DHでの出場が可能になるからだ。

 順調なら、大谷がFA権を取得するのは23年のレギュラーシーズン終了後。マンフレッドCの構想通りなら、ナでもDH制が解禁された後になる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    中居正広「気持ち尊重」発言の意味…退所の真相はリストラ

  3. 3

    青木理氏「無知」と「無恥」に蝕まれる憲政史上最愚の政権

  4. 4

    再雇用中の64歳 大病などがなかったのに退職金が漸減した

  5. 5

    住宅ローン完済で悠々自適の第二の人生が始まるはずが…

  6. 6

    丸投げの安倍政権 新型コロナ基本方針は“国は何もしない”

  7. 7

    中居正広を支える華麗なる人脈 “ぼっち独立”も明るい未来

  8. 8

    愛知県の老舗旅館が廃業 新型コロナ「倒産ラッシュ」の足音

  9. 9

    デンマークなぜキャッシュレス大国に 在日大使館に聞いた

  10. 10

    新型ウイルス対策 「東京は封鎖できるか」内閣官房に聞く

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る