ナにDH導入案で大谷“二刀流”価値上昇 29歳FAならいくら?

公開日: 更新日:

 ルール変更によって二刀流の存在価値はどう変わるか。

 大リーグ機構(MLB)と大リーグ選手会は現在、ベンチ入りの人数を現行の25人から26人とするなどのルール変更を検討している。試合時間短縮のため「20秒ルール」徹底の他、ア・リーグのみ実施されている「DH制」をナ・リーグにも導入する案などが挙がっているという。

 このDH制については、すでにマンフレッド・コミッショナー(C)が「2022年まで見直しは行わない。早くても22年以降になる」との見通しを明かしている。

 ナでもDH制が採用されれば、エンゼルス・大谷翔平(24)は大きな影響を受けることになる。ナ・リーグでも、昨季のエンゼルスのように、中6日で登板しながら、DHでの出場が可能になるからだ。

 順調なら、大谷がFA権を取得するのは23年のレギュラーシーズン終了後。マンフレッドCの構想通りなら、ナでもDH制が解禁された後になる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  2. 2

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  3. 3

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

  4. 4

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  5. 5

    安倍政権がシッポ切り JOC竹田会長を待つ仏当局の本格捜査

  6. 6

    枯れるには全然早い…70歳から人生を楽しく過ごせる理由

  7. 7

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  8. 8

    大阪市西成区あいりん地区 唐突すぎる“中華街構想”の行方

  9. 9

    韓国が騒然…空軍基地「ミサイル誤射事故」の衝撃と波紋

  10. 10

    男女の意識差は歴然…シニアは“プチ別居”婚がうまくいく

もっと見る