雄星がサイ・ヤング賞“大穴”に…本当の評価と西武OBの不安

公開日: 更新日:

 いくらなんでも盛り過ぎじゃないか、という気もしてくる。

 マリナーズ入りした菊池雄星(27)に対する米メディアの評価のことだ。

 メジャーの公式ホームページが「サイ・ヤング賞候補の大穴」としてダルとともにア、ナ両リーグから6人ずつの候補に菊池の名前を入れれば、「ロト・グラフス(電子版)」は西武時代のさまざまなデータを基に1年目を「160回を投げて10勝」と予想。「ESPN(電子版)」は「先発2番手として25試合に登板する」と報じている。

「選手が初めてメジャーでプレーする場合、米国のアナリストはだいたい25%増しで成績を予想します。つまり10勝は7、8勝ということです」とスポーツライターの友成那智氏がこう言った。

「ほとんどの米メディアは菊池を先発2番手以内に予想していますが、それは他にロクな投手がいないからです。マリナーズはこのオフ、主力を片っ端から放出するファイアセールを行い、実質メジャー2年目のゴンザレスがエース格になった。そのゴンザレスですら防御率は4・00です。打線は輪をかけてヒドく、援護はほとんど期待できません。年間通じてローテーションを守ったと仮定して8勝15敗、防御率は4点台じゃないでしょうか。ディポトGMはメジャーではルーキーだし1カ月に1回は休養を与えるなどと話していますが、うのみにはできません。他の先発がヒドければ、1年目からフル回転させますよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    福岡知事選で“麻生アレルギー” 学会や九州財界から爪弾き

  2. 2

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  3. 3

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  4. 4

    北方領土「第2次世界大戦の結果論」というのは暴論である

  5. 5

    東京福祉大“消えた留学生”問題を招いた安倍政権の数値目標

  6. 6

    死骸で発見のジュゴンは…辺野古埋め立てで行方不明だった

  7. 7

    東京五輪で終電延長 鉄道各社が強いられる“ブラック労働”

  8. 8

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  9. 9

    ルノーと三菱グループ急接近か 日産含む“3社統合”への思惑

  10. 10

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

もっと見る