エンゼルス「球場使用契約」1年延長の裏に“大谷争奪戦”

公開日: 更新日:

 米カリフォルニア州アナハイム市議会は16日(日本時間17日)、エンゼルスの本拠地エンゼルスタジアムのリース契約を20年まで延長することを承認した。1966年開場の同球場は、現存するメジャーの本拠地では4番目に古く、老朽化が目立つことから球団は市に対し再三、改修や建て替えを要望してきた。同市が応じなかったため、球団は昨年10月、2028年までのリース契約を破棄していた。

 今回、エンゼルスが単年契約を交わしたのは、新球場建設を促すための市への揺さぶりとみられる。モレノ・オーナーは「アナハイム市に残留するのがベストではあるが……」としつつも、市の対応次第では本拠地移転もチラつかせている。

 全米の多くの自治体は、税収や雇用確保のため、MLBなどの4大プロスポーツの本拠地誘致に動いている。ネバダ州ラスベガス市のように、すでに球場を建設し、本格的な招致活動を展開する自治体もある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ガッキー演じるみくりの妊娠&髪型は? 逃げ恥SP撮影秘話

  2. 2

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  3. 3

    田原俊彦“干され過去”と決別 不倫で失墜したマッチとの差

  4. 4

    マッチ引退窮地…事務所の後ろ盾・人望・居場所すべてナシ

  5. 5

    相棒の視聴率を抜いた「七人の秘書」懲らしめ系はなぜ人気

  6. 6

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  7. 7

    玉木宏「極主夫道」が大健闘 昭和的“ベタ”コントに安心感

  8. 8

    小池氏“3大”ウソ 重症者、豊洲市場、軽症者施設で失策隠蔽

  9. 9

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  10. 10

    高部知子“ニャンニャン写真”流出の顛末 元カレは自殺した

もっと見る