バレらも信頼 ヤクルトは今季も青木宣親の“コミュ力”頼み

公開日: 更新日:

 メジャーから古巣に復帰して2年目を迎える青木宣親(37)が順調に調整を進めている。

 4日はランチ特打を行い、柵越え8発。その後は室内練習場にこもって約1時間、マシンを相手に打ち込んだ。

 復帰1年目の昨季はセ4位の打率・327、10本塁打、67打点でチームの2位躍進に貢献。出塁率も同8位の.409をマークし、131打点でタイトルを獲得した4番バレンティンの打点王もアシストした。

 この日の特打はそのバレンティンと交代で打ち込み、互いに「(今のは)ストライク!」「いや、ボール!」と“ヤジ”を飛ばしながら、和気あいあいの雰囲気。終了後、寝転がって談笑する青木が着ていたのは、バレンティンが昨夏に達成した250本塁打の記念Tシャツだった。これには気難しい助っ人も、「今年も(青木に)たくさん出塁してもらって、(自分が)できるだけ多く打点を挙げられるように、という話をしたよ」とご機嫌で球場を後にした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「栄冠は君に輝く」熱唱 久志モデル伊藤久男の数奇な人生

  2. 2

    中国の“弱点”三峡ダムが決壊の危機…世界中で株価の暴落も

  3. 3

    ガッキー知人が悩み明かす「実年齢とのギャップに違和感」

  4. 4

    広瀬すず「嫌いな女優」2位 松田聖子バッシングとの酷似点

  5. 5

    阪神・矢野監督のトンチンカン采配 ボーア来日1号帳消しに

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    小規模地震多発は不気味な予兆…「大地震の相場」の復習を

  8. 7

    末期がんで逝った父・三郎 唐沢寿明が演じたモデルと晩年

  9. 8

    金子ノブアキ演じた藤田嗣治とオペラ歌手・三浦環を結ぶ線

  10. 9

    しらじらしい決別 元産経記者ら応援団も安倍と共に去れ

  11. 10

    小池都知事の無策が招く第2波襲来 専門家に懸念も他人事

もっと見る