“崖っぷち”のダル 高給取りでもカブス「先発5番手」の吉凶

公開日: 更新日:

 今季はプレッシャーのかからない立場でスタートが切れるか。

 昨年9月に受けた右肘骨棘除去手術からの復帰を目指すカブス・ダルビッシュ有(32)のことだ。

 大リーグ公式サイトなど複数の米メディアは30日(日本時間31日)、各球団の先発ローテーション投手5人を予想。ダルは開幕をエース級ではなく、ローテの4、5番手として迎える見込みだという。

 カブスの先発陣はエース左腕レスター(昨季18勝6敗、防御率3.32)を筆頭に、リーグ屈指の層の厚さを誇る。マドン監督は手術明けのダルについて、「何よりも重要なのはシーズンを通じて投げること」と話し、開幕から当面は、イニング数や球数を制限して、起用法に配慮する方針を明かしている。

 ここ数年は度重なる故障に苦しんでいる。フィジカルに不安を抱えるダルにとって、指揮官の配慮は吉と出そうだが、問題はそれでも満足な結果を残せなかった場合だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  2. 2

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  3. 3

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

  4. 4

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  5. 5

    安倍政権がシッポ切り JOC竹田会長を待つ仏当局の本格捜査

  6. 6

    枯れるには全然早い…70歳から人生を楽しく過ごせる理由

  7. 7

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  8. 8

    大阪市西成区あいりん地区 唐突すぎる“中華街構想”の行方

  9. 9

    韓国が騒然…空軍基地「ミサイル誤射事故」の衝撃と波紋

  10. 10

    男女の意識差は歴然…シニアは“プチ別居”婚がうまくいく

もっと見る