広島・鈴木誠也が先輩の堂林に 異例“師弟”打撃指導の真意

公開日: 更新日:

 異例の師弟関係と言っていいだろう。

 15日、全体練習終了後の室内練習場で主砲の鈴木誠也(24)と3歳上の堂林翔太(27)が打撃練習。周囲が驚いたのは、バットを持って構える堂林に対し、後輩の鈴木がグリップの位置やスイングの角度など、身ぶり手ぶりを交えて指導を始めたからである。

 節目の10年目を迎えた堂林が言う。

「(自分に)後がないのは分かっているので、やれることはやりたい。誠也は生きた教材。誠也を引っ張ってでも見てもらいたいと思った」

 後輩に教えを請うたことを明かしたのだ。

 一方の鈴木に聞くと、「(普段は)あまり(他の選手に)自分から言うことはないですね。バッティングなんて(本来は)シンプルなのが一番よくて、言うことはないですから」と言って、こう続けた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  2. 2

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  3. 3

    歌舞伎町ラブホテル街で賃貸経営が成功したもっともな理由

  4. 4

    「収束後は」って何?くだらないことに税金使うって話だろ

  5. 5

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  6. 6

    30万円給付は7月? 安倍政権「コロナ補償」に悪評ふんぷん

  7. 7

    手薄なコロナ対策 世界の家計支援から浮く日本の冷酷非情

  8. 8

    コロナ廃業危機が囁かれる大物俳優…緊急事態宣言がトドメ

  9. 9

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  10. 10

    錦戸亮の大誤算…コロナ禍と新人活躍でドラマオファーなし

もっと見る