3月の侍J入りも辞退 巨人に“丸効果”ジワリで指揮官も賛辞

公開日: 更新日:

 広島から巨人にFA移籍した丸佳浩(29)が、3月9、10日にメキシコとの強化試合に臨む侍ジャパンの招集を辞退していたことが昨4日、日刊ゲンダイの取材で分かった。

 2020年の東京五輪に向け、侍ジャパンの外野陣は不透明な状況にある。今オフにDeNAの筒香がポスティングで、西武の秋山が海外FA権を行使してのメジャー移籍を視野に入れている。侍ジャパンの稲葉篤紀監督(46)は、以前から丸の招集について「十分ある」としていた。2年連続MVPの丸を日本代表の中心選手に考えるのは当然だ。5日には稲葉監督が巨人キャンプを視察に訪れることになっているが、NPB関係者は、「まずは巨人に慣れることを優先したいという返答でした。今年11月のプレミア12、来年の東京五輪はもちろん別の話です」と明かすのだ。

 その丸は順調に巨人の宮崎春季キャンプを過ごしている。4日目のこの日は、フリー打撃で92スイングして5本のサク越えを記録。「巨人の雰囲気に慣れてきている。スイング量? 全体練習はカープの方が長い。でもその分、個別で打っているので」と話した。元広島・新井貴浩氏の激励を受け、「(巨人の)ユニホーム姿を笑われた。(移籍時には)心配していただいたので話せてよかった」と笑顔を見せれば、新井氏は「FA宣言する前もしてからも、丸から相談に来た。環境が変わると力んでしまう。一番怖いのはケガ。ゆっくり調整した方がいいよという話をした」とアドバイスを送った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  2. 2

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  3. 3

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

  4. 4

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  5. 5

    安倍政権がシッポ切り JOC竹田会長を待つ仏当局の本格捜査

  6. 6

    枯れるには全然早い…70歳から人生を楽しく過ごせる理由

  7. 7

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  8. 8

    大阪市西成区あいりん地区 唐突すぎる“中華街構想”の行方

  9. 9

    韓国が騒然…空軍基地「ミサイル誤射事故」の衝撃と波紋

  10. 10

    男女の意識差は歴然…シニアは“プチ別居”婚がうまくいく

もっと見る