3月の侍J入りも辞退 巨人に“丸効果”ジワリで指揮官も賛辞

公開日: 更新日:

 広島から巨人にFA移籍した丸佳浩(29)が、3月9、10日にメキシコとの強化試合に臨む侍ジャパンの招集を辞退していたことが昨4日、日刊ゲンダイの取材で分かった。

 2020年の東京五輪に向け、侍ジャパンの外野陣は不透明な状況にある。今オフにDeNAの筒香がポスティングで、西武の秋山が海外FA権を行使してのメジャー移籍を視野に入れている。侍ジャパンの稲葉篤紀監督(46)は、以前から丸の招集について「十分ある」としていた。2年連続MVPの丸を日本代表の中心選手に考えるのは当然だ。5日には稲葉監督が巨人キャンプを視察に訪れることになっているが、NPB関係者は、「まずは巨人に慣れることを優先したいという返答でした。今年11月のプレミア12、来年の東京五輪はもちろん別の話です」と明かすのだ。

 その丸は順調に巨人の宮崎春季キャンプを過ごしている。4日目のこの日は、フリー打撃で92スイングして5本のサク越えを記録。「巨人の雰囲気に慣れてきている。スイング量? 全体練習はカープの方が長い。でもその分、個別で打っているので」と話した。元広島・新井貴浩氏の激励を受け、「(巨人の)ユニホーム姿を笑われた。(移籍時には)心配していただいたので話せてよかった」と笑顔を見せれば、新井氏は「FA宣言する前もしてからも、丸から相談に来た。環境が変わると力んでしまう。一番怖いのはケガ。ゆっくり調整した方がいいよという話をした」とアドバイスを送った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    河井夫妻逮捕ならトドメ 自民で激化「安倍降ろし」の動き

  2. 2

    カタギに女房を寝取られたヤクザが逆上して襲撃する時代

  3. 3

    同志社大教授・浜矩子氏「越を脱して超に入って共生する」

  4. 4

    NEWS手越の厳罰断行 円満退社で一致も滝沢氏の苦しい胸中

  5. 5

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  6. 6

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  7. 7

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  8. 8

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  9. 9

    狙い目はリネン 外出自粛明けの春服セールで買うべきもの

  10. 10

    国民の怒り再燃 全戸配布で沸き起こる“アベノマスクの乱”

もっと見る