巨人目玉助っ人ビヤヌエバに早くも囁かれる“不良債権”の声

公開日: 更新日:

 春のキャンプも最終週に突入し、巨人に異変が起きている。

 このオフに大補強した目玉新戦力のひとり、年俸約2億2500万円のクリスチャン・ビヤヌエバ内野手(27=前パドレス)のことだ。

 24日のオープン戦で2試合連続安打を放ったものの、牽制球を右脇腹に受けて悶絶。そのまま交代となった。大事には至っていないもようだが、キャンプ中に首脳陣の評価が下がっているというから穏やかではない。原監督は「ビヤヌエバは実は守備から取った。ファーストしか守れない外国人はたくさん打てないとそこでおしまいだから」と親交のある徳光氏との対談で明かしていた。

 さるチーム関係者がこう言う。

「確かに最初は評価が高かった三塁の守備で、最近ミスが目立つようになってきた。『あれでは一塁だろうね』とはある首脳陣。とはいえ、当初から三塁は岡本の構想。もともと一塁手として獲得しているわけで、原監督が言うように、打ってくれればそれでいい。ただ、原監督は『一塁なら打たないと終わり』とも言っています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    無名俳優と電撃格差婚で 川栄李奈にのしかかる“ミルク代”

  2. 2

    川栄李奈が32歳の俳優と“授かり婚”で…今後の女優人生は?

  3. 3

    理由は子どもだけか 磯野貴理子“2度目離婚”芸能記者の見方

  4. 4

    防衛大学校が受験者2250人も激減…蔓延する“いじめ”の実態

  5. 5

    習近平に隠し玉 レアアース禁輸で日本ハイテク産業大打撃

  6. 6

    【日本ダービー】無敗の皐月賞馬サートゥルナーリアに立ちはだかる厚い壁

  7. 7

    安倍政権が企む“年金改悪”のゴールは「80歳」での支給開始

  8. 8

    流出した細川ふみえのキャバ嬢時代写真を巡って直談判に

  9. 9

    立憲が参院東京選挙区で大バクチ 強気“2人擁立”は吉か凶か

  10. 10

    85%が老後に腐心…50代から2000万円貯める40代の資金計画

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る