今季は「代打の切り札」 巨人阿部に近づく“捕手廃業”の日

公開日: 更新日:

 阿部慎之助(39)が、沖縄・那覇キャンプ最終クール初日の23日から全体練習に合流する。19日からの前クールではコンディション不良のため、別メニュー調整を続けていたが、原監督に「あとは慎之助くらいかな。ゲームで打席に立っていないのは」と苦言を呈されていた。

 宮崎の1次キャンプでは、捕手として矢のような送球を披露するなど、「衰えていないね」と指揮官を喜ばせたこともあった。しかし、4年ぶりの捕手はやはり重労働なのか、今キャンプは別メニューの日が多い。

 23日のオープン戦の開幕マスクはFA補強した炭谷。正捕手争いは他に小林、大城などがしのぎを削っており、原監督はそもそも阿部を正捕手として1年間使う気はないようだ。さらにここ数年レギュラーを務めた一塁での起用も「ない」と断言している。本当の持ち場は「代打の切り札」である。

「代打陣が手薄なため、原監督は右の候補として中島を補強した。首脳陣には晩年の前田智や桧山のように、阿部には『切り札』としてまだ何年か現役を続行してもらいたい思惑がある。『第3捕手』としてマスクをかぶる可能性があるなら、練習は必要だが、本当の役割が代打なら、捕手の練習時間がもったいないとの見方もある。首脳陣が最も恐れているのは、古傷でもある首などの故障が再発すること。2月のキャンプ中とは言わないまでも、3月の早い時期のオープン戦でマスクをかぶれなければ、原監督が本人を納得させた上で捕手を廃業させ、打者に専念させるともっぱらですよ」(チーム関係者)

 原監督は「(阿部は)巨人の85年の歴史の中でナンバーワン捕手」とまで言っている。それだけに復帰のハードルは高い。“廃業”のリミットは近づいている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  2. 2

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  3. 3

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

  4. 4

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  5. 5

    安倍政権がシッポ切り JOC竹田会長を待つ仏当局の本格捜査

  6. 6

    枯れるには全然早い…70歳から人生を楽しく過ごせる理由

  7. 7

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  8. 8

    大阪市西成区あいりん地区 唐突すぎる“中華街構想”の行方

  9. 9

    韓国が騒然…空軍基地「ミサイル誤射事故」の衝撃と波紋

  10. 10

    「一人暮らしでいい」7割超…孤独を楽しめない人の克服法

もっと見る