巨人大補強をどう見る? ライバル球団007掛け値なしの評価

公開日: 更新日:

 巨人が28日、一軍の春季キャンプを打ち上げた。原辰徳監督(60)は「MVP? 強いて挙げるなら元木コーチ」と冗談めかしたが、大補強により大きく戦力が変わった巨人を他球団はどう見たか。1カ月間視察したセ・リーグのあるスコアラーに、新戦力を総ざらいしてもらった。 

 まずは目玉のFA補強組。丸については「打球の角度がいい。常にフルスイングで外国人選手のような弾道はさすが」と言えば、炭谷についても「肩は小林、打撃は阿部や大城の方が目立つが、捕手として配球、ミットの構え方、キャッチングのうまさがある。ドッシリ感があって投手が投げやすそうにしている。開幕マスクでしょう」と警戒。「中島は意外と言ったらなんですが……」と前置きした上で、「初日から別メニューでダメだと思ったら動けている。ビヤヌエバじゃなくて開幕一塁もあるとみています」と言う。

 勝利の方程式入りを狙う20歳左腕の大江については「勝ちパターンに入ってきそう。後ろが小さくてタイミングが取りにくい」とし、育成から今週末にも支配下登録が決まる坂本工についても「奥行きのある縦スライダーと腕の振りがいい」とした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  2. 2

    「欅坂46」長濱ねる ファンは感じていた卒業発表の“予兆”

  3. 3

    「超面白かった」宇多田ヒカルは直撃取材直後にブログ更新

  4. 4

    テレ朝が異例抜擢 元乃木坂46斎藤ちはるアナの評判と実力

  5. 5

    JOC竹田会長辞任決意のウラ側 “国内引きこもり”が決定打

  6. 6

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  7. 7

    HISの澤田秀雄会長はなぜ50億円の詐欺話に引っかかった

  8. 8

    酒気帯びで自殺説まで…ビートたけし「バイク事故」の衝撃

  9. 9

    防衛大で“異次元”と訓示 安倍政権で防衛予算10兆円の恐怖

  10. 10

    母・光子さんの陰で…フィルムに焼き付いた宮沢りえの“闇”

もっと見る