小倉清一郎
著者のコラム一覧
小倉清一郎元横浜高校野球部部長

1944年(昭19)6月16日、神奈川県横浜市生まれの71歳。横浜―東農大を経て三菱自動車川崎―河合楽器で捕手として活躍。現役引退後、東海大一(現東海大翔洋)―横浜―横浜商―横浜で監督、部長を歴任。松坂、成瀬、涌井、筒香ら多くのプロ野球選手を育てた。98年の春夏連覇を含め、3度の甲子園優勝。渡辺前監督を支える名伯楽として主に技術面を指導した。対戦校の投手陣や打線の戦術分析に定評があり、名参謀と呼ばれた。14年夏限りで横浜のコーチを退任。現在は山梨学院や熊本・城北など、全国の各校で臨時コーチを務める。

山梨学院で指導 140kmを打ち返すための「5m手前」の意識

公開日: 更新日:

 先月、臨時コーチを務める山梨学院を訪れた。今月のセンバツに出場するため、「140キロ」を攻略するための打撃練習をやった。

 どこへ行っても感じるのは、プロ野球選手のコメントをうのみにし、「打撃は引きつけて打つもの」と思い込んでいること。特に指導者が勘違いしていることが多い。これは高校野球では間違いだと断言しておく。

 プロはスピードに対応しながら落差の大きな変化球にも対応しなければならない。そのため、ギリギリまで引きつけてボールを見極めようとする。ただ、これはスイングスピードが速いことが前提。それがない高校生は、泳がない程度は前で打たないと、詰まってしまう。

 私の理論では、140キロのタイミングで始動し、もしフォークボールがきて空振り三振に終わっても、そっちの方が評価できる。140キロに対応できたかもしれないからだ。引きつけ過ぎて詰まったら、何も起こらないと思った方がいい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「闇営業」謹慎処分で一番ワリを食ったガリットチュウ福島

  2. 2

    損しないために“ねんきん定期便”確認すべき3つのポイント

  3. 3

    花嫁の逆襲 私の結婚式を台無しにしたあの女が許せない!

  4. 4

    広瀬すずvs永野芽郁 NHK朝ドラの次は映画で対決か?

  5. 5

    若林ドン引き オードリー春日「浮気謝罪で100万円」の性根

  6. 6

    超肉食同士は食い合わない?蒼井優が唯一落とせなかった男

  7. 7

    吉本興業と安倍政権は蜜月 官民ファンド100億円出資の行方

  8. 8

    オードリー春日の浮気発覚 人間の性根は簡単に変わらない

  9. 9

    日米安保破棄を示唆 トランプ発言の狙いは日米貿易交渉

  10. 10

    「静かに死にたい」田村正和が赤裸々に語った“好々爺”生活

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る