最速152キロ左腕 横浜・及川雅貴の行く手は雄星か辻内か

公開日: 更新日:

 中学時代、侍ジャパンのU15日本代表でエースを務めた及川雅貴。鳴り物入りで横浜(神奈川)に入学すると、1年春から登板し、1年夏、2年夏の甲子園に出場した。最速152キロ。

 昨夏の段階で西武・渡辺SDが「体ができてくれば菊池雄星クラス」と太鼓判を押す高校ナンバーワン左腕である。

 パ・リーグ某球団スカウトは「他の3人は右だが、左投手なのはプラス。左で球速が150キロを超えることもあるのだから、大きなアドバンテージになります」とみる。

 ただ、今春のセンバツをかけた昨秋の関東大会で打ち込まれたように、大事なところで勝ち切れない一面もある。本紙で「鬼の秘伝書」を連載している横浜の元部長・小倉清一郎氏はコラムで「素材は一級品」とした上で「投球フォームで大事なのは、投げた後にいかに腕を振り切るかという『前』なのに、『後ろ』が大き過ぎてリリースして終わり。球にキレがないから、常時140キロ台でも空振りが取れない。後ろが大きいと打者がタイミングを取りやすい。握り方に問題があり、いい球と悪い球のバラつきが大きい。武器になっているキレのあるスライダーは60%以上はボール球」と指摘している。

 前出のスカウトが言う。

「とにかくコントロールが悪い。10三振を奪っても5四球を与える投手。菊池雄星か巨人にいた辻内崇伸(ドラフト1巡目ながら一軍公式戦未登板)になるのか。これからが分かれ道です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    あのジャニーズが“バーチャルアイドル”2.19デビューの衝撃

  2. 2

    風間俊介は3歳児の父 ジャニーズ“結婚&子持ち”NGの境界線

  3. 3

    かつては“お荷物”…山下智久が引き寄せた仕事運と信頼

  4. 4

    嵐に燻り続けてきた“プロパーvs外様”メンバーの確執と暗闘

  5. 5

    深まる亀裂…対韓「経済制裁」強行で偽装アベノミクス自爆

  6. 6

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  7. 7

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  8. 8

    背水から逆転の山下智久&木村拓哉 1本の映画が2人を変えた

  9. 9

    結婚発表前に伏線が…テレ朝・小川彩佳は悲恋のプリンセス

  10. 10

    好調な映画そっちのけ…キムタクの雑な“白髪染め”が話題に

もっと見る