高校No.1投手 星稜・奥川恭伸の右腕にのしかかる負担

公開日: 更新日:

「現時点では、高校ナンバーワン投手です」

 さるセ球団のスカウト幹部がこう断言する。

 星陵(石川)の最速150キロの本格派右腕、奥川恭伸は昨年、春夏の甲子園に連続出場。U18では2年生でただ一人、代表入りし、昨秋の明治神宮大会は準優勝の原動力になった。今年のセンバツ出場は確実で、プロ最大の目玉だ。前出のスカウト幹部が続ける。

「球が速いのはもちろん、ボールに角度がある。制球も抜群にいい。スライダーも打者の手元まで来てからキュッと曲がる。投球に対する意識はかなり高いと思う。狙ったところに投げられないと、悔しそうな顔をする。ピンポイントに投げようとする姿勢が垣間見えます」

 アタマもよさそうだ。パ球団のスカウトが言う。

「打者をしっかり観察している。速球を待っているとみるや、変化球でタイミングを外す。そのまた逆もしかりです。一方、下位打線が相手のとき、中軸と比べて球速が落ち、攻め方も変化する。集中力が途切れているとしたら心配だが、おそらく大丈夫だろう。奥川は打者として出塁すると、常に全力疾走をする。一つ一つのプレーに手を抜かない。指導者が見ていないところでも一生懸命、投球練習する。アタマを使い、打者ごとにメリハリをつけて投げていると捉えたほうがいい」

 では、課題はあるのか。

「上原浩治(巨人)、前田健太(ドジャース)のように上体が勝った投げ方をする。その分、球持ちがあまり良くない。肩の負担にもつながります」(前出のスカウト)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    出演番組が不発…東山紀之が背負う“ジャニーズ幹部”の重圧

  2. 2

    激化する自民党「内部抗争」田畑“ゲス”議員の離党で火に油

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    NHK“ポスト有働”和久田アナ 民放とは一線画す華ある本格派

  5. 5

    ジャニーズ事務所<2>アイドルも経営陣も世代交代の転換期

  6. 6

    都Fが公明を突然裏切り…都議会与党ついに「分裂」の裏側

  7. 7

    賃金偽装 厚労省キーマン「官邸の圧力」否定は矛盾だらけ

  8. 8

    栗山監督が上機嫌で 日ハム輝星「開幕3戦目先発」に現実味

  9. 9

    ジャニーズ事務所<1>スキを見せない「帝国」に生じた軋み

  10. 10

    「きっかけは私」島袋寛子が匂わせたSPEED解散“複雑理由”

もっと見る