小倉清一郎
著者のコラム一覧
小倉清一郎元横浜高校野球部部長

1944年(昭19)6月16日、神奈川県横浜市生まれの71歳。横浜―東農大を経て三菱自動車川崎―河合楽器で捕手として活躍。現役引退後、東海大一(現東海大翔洋)―横浜―横浜商―横浜で監督、部長を歴任。松坂、成瀬、涌井、筒香ら多くのプロ野球選手を育てた。98年の春夏連覇を含め、3度の甲子園優勝。渡辺前監督を支える名伯楽として主に技術面を指導した。対戦校の投手陣や打線の戦術分析に定評があり、名参謀と呼ばれた。14年夏限りで横浜のコーチを退任。現在は山梨学院や熊本・城北など、全国の各校で臨時コーチを務める。

古巣・横浜高のセンバツ「関東・東京6枠目」選考に物申す

公開日: 更新日:

 3月23日に開幕するセンバツに出場する32校が先週1月25日に決定した。

「関東・東京」最後の6枠目が驚いた。

 横浜(神奈川)の5年ぶり16度目の出場が決まったのだ。昨秋の関東大会準々決勝で春日部共栄(埼玉)に2―9で七回コールド負けを喫していた。関東4校が確約された1983年以降、準々決勝コールド敗退校の選出は初めてである。横浜は私の古巣だが、この選考には疑問を感じる。

 昨秋の都大会決勝で、国士舘(東京)に1点差の惜敗を喫した東京2位の東海大菅生が順当に選ばれると思っていた。しかし、選考委員は「関東大会と比べて東京大会のレベルが低かった」とコメントしている。地域性で佐野日大(栃木)の選択肢もあったはず。栃木、群馬、茨城の北関東3県の一般選考がなかったのは、85年以来34年ぶりだという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  3. 3

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  4. 4

    <2>本質はニュースキャスター 大局を見ることができない

  5. 5

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  6. 6

    岸田里佳さん 特撮ヒロインは3カ国語話す日舞の師範名取に

  7. 7

    吉村府知事が招いたうがい薬パニック 品薄で医療団体激怒

  8. 8

    カトパン結婚秒読みもNAOTOと破局 “賞味期限”アラート迫る

  9. 9

    時給は350円…下北沢LOFT店員時代のサザンは不人気だった

  10. 10

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

もっと見る