29人をピシャリも…G大江「新守護神」候補浮上の痛し痒し

公開日: 更新日:

 巨人の大江竜聖(20)がまた抑えた。12日のソフトバンクとのオープン戦。2点リードの九回に登板すると、遊飛、中飛、空振り三振で危なげなく試合を締めた。

 快進撃は宮崎春季キャンプ中の2月3日から始まった。初めての紅白戦で2イニングをピシャリと抑え、実戦7試合目のこの日まで29人連続アウト。四死球さえ与えない圧巻の“完全投球”を続けている。

 二松学舎大付高(東京)から入団して3年目。二軍では先発だったが、今季はリリーフに挑戦している。一軍未登板ながら、勝利の方程式入りは濃厚。それどころか、守護神を任される可能性も出てきた。

「新外国人でクローザー筆頭候補のクック次第。状態がいい時と悪い時があって首脳陣もまだ判断しかねている。左打者に弱いとか、セットポジション、牽制、クイックといった投球以外のところに弱点があるという情報があるが、まだそういう部分まで見えていない。これから開幕にかけて、もしくは開幕してから、クックの弱点が露呈した時、誰が代わりのクローザーを務めるのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  2. 2

    「欅坂46」長濱ねる ファンは感じていた卒業発表の“予兆”

  3. 3

    菅野圧巻でも小林では G原監督を悩ます炭谷との“相性問題”

  4. 4

    テレ朝が異例抜擢 元乃木坂46斎藤ちはるアナの評判と実力

  5. 5

    「超面白かった」宇多田ヒカルは直撃取材直後にブログ更新

  6. 6

    大補強でも誤算生じ…V奪回義務の原巨人に燻る“3つの火種”

  7. 7

    JOC竹田会長辞任決意のウラ側 “国内引きこもり”が決定打

  8. 8

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  9. 9

    HISの澤田秀雄会長はなぜ50億円の詐欺話に引っかかった

  10. 10

    酒気帯びで自殺説まで…ビートたけし「バイク事故」の衝撃

もっと見る