大補強でも誤算生じ…V奪回義務の原巨人に燻る“3つの火種”

公開日: 更新日:

「炭谷の重用むしろ引き算」

 原監督が「開幕一軍メンバーを絞り込むための第1次リミット」として設定した14日が迫っている。29日の広島との開幕戦まで12日のソフトバンク戦を含めてオープン戦は残り8試合。マリナーズとの“花相撲”を入れても10試合という段階に入り、いくつかの誤算が生じている。

 まずは正捕手問題だ。原監督は3年総額6億円でFA補強した炭谷を開幕マスクの筆頭候補と考えていたが、ここにきてその炭谷が不安を露呈。非力な打撃はもちろん、致命的なのは絶対エースの菅野との息が合わないことである。

 先週8日のオープン戦でバッテリーを組んで4回6失点。原監督が「2人の防御率があまり良くない。本人たちがしっかりコミュニケーションしながらというところ」とチクリとやったのも当然で、2人がコンビを組んだ2試合の防御率は10.50に跳ね上がる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    また職員が感染 加藤厚労相は危機管理能力ゼロのポンコツ

  3. 3

    新型ウイルス対策 「東京は封鎖できるか」内閣官房に聞く

  4. 4

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  5. 5

    「再感染」が続出 新型コロナは変異、劇症化しているのか

  6. 6

    田中みな実は燃え尽き?ジャニーズ事務所も恐れる次の一手

  7. 7

    住宅ローン完済で悠々自適の第二の人生が始まるはずが…

  8. 8

    小学生も新型コロナ感染で…結婚式や卒業式はどうなる?

  9. 9

    「つい言い間違えた」発言は日本の官僚機構が瓦解した象徴

  10. 10

    行方不明の愛犬と3年後…1500㎞離れた場所で奇跡的な再会

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る