OP戦初セーブ 巨人ホープ大江を支えるのは馬力より好敵手

公開日: 更新日:

 巨人の新星が“プロ初セーブ”でアピールを続けている。

 3年目の大江竜聖(20)が24日、日本ハムとのオープン戦で1点リードの九回に登板。「1点差というのもあったし、初めてのオープン戦だったので緊張した」と言いながら、3人を9球でピシャリと抑えた。

 今キャンプでは紅白戦を含む実戦4試合で打者20人、計6回3分の2を無失点。それどころか、安打も許さない完全投球を見せている。今季はリリーフで経験を積む予定で、虎視眈々と勝利の方程式入りを狙っている。

 二松学舎大付高から2016年のドラフト6位で入団。小3の時に両親が離婚したため、父の広志さんに男手ひとつで育てられた苦労人でもある。ファームのあるコーチがこう明かす。

「最初から常に全力。アップから“馬力”が目立つ選手です。身長は173センチでも投球にも馬力があるというか、スピードガン以上に打者が威力を感じるタイプ。オフの自主トレで自ら杉内や内海といった実績のあるベテラン左腕に弟子入りを志願する度胸、技術を吸収したいという貪欲さもある。それでも一番大きいのは、同期入団の高田(萌生=20)の存在ではないか」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  2. 2

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  3. 3

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

  4. 4

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  5. 5

    安倍政権がシッポ切り JOC竹田会長を待つ仏当局の本格捜査

  6. 6

    枯れるには全然早い…70歳から人生を楽しく過ごせる理由

  7. 7

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  8. 8

    大阪市西成区あいりん地区 唐突すぎる“中華街構想”の行方

  9. 9

    韓国が騒然…空軍基地「ミサイル誤射事故」の衝撃と波紋

  10. 10

    「一人暮らしでいい」7割超…孤独を楽しめない人の克服法

もっと見る