小倉清一郎
著者のコラム一覧
小倉清一郎元横浜高校野球部部長

1944年(昭19)6月16日、神奈川県横浜市生まれの71歳。横浜―東農大を経て三菱自動車川崎―河合楽器で捕手として活躍。現役引退後、東海大一(現東海大翔洋)―横浜―横浜商―横浜で監督、部長を歴任。松坂、成瀬、涌井、筒香ら多くのプロ野球選手を育てた。98年の春夏連覇を含め、3度の甲子園優勝。渡辺前監督を支える名伯楽として主に技術面を指導した。対戦校の投手陣や打線の戦術分析に定評があり、名参謀と呼ばれた。14年夏限りで横浜のコーチを退任。現在は山梨学院や熊本・城北など、全国の各校で臨時コーチを務める。

山梨学院は日体大と センバツ前の練習試合は大学とやる

公開日: 更新日:

 私が臨時コーチを務める山梨学院のセンバツ初戦の対戦相手は札幌第一(北海道)に決まった。

 8日の対外試合解禁日、山梨学院は、こちらも私が臨時コーチを務める日体大の新1、2年生主体のチームと対戦。4-4で引き分けた。日体大は昨秋のドラフト候補にも挙がった藤嶺藤沢出身の149キロ左腕・矢沢が登板。山梨学院はこの時期に数少ない左投手の速球を体感できたのは大きい。特にセンバツは左腕が有利。ただでさえ実戦から遠ざかっている春、対戦数が少ない左の好投手に、打者が対応できないからだ。

 大学との練習試合は有意義だ。大学のレベルにもよるが、下級生チームなら甲子園のレベルでいうと中堅以上。センバツ直前の腕試しにちょうどいいのだ。

 大学側もその高校に来年欲しい選手がいたり、試合を通じてチェックした上で「あの選手、いいな」となれば、セレクションを兼ねることになり、お互いにメリットがあるといえる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  4. 4

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  5. 5

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  6. 6

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  7. 7

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  8. 8

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  9. 9

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

  10. 10

    大谷はFA権取得前に放出か トラウト472億円契約延長の波紋

もっと見る