JOC竹田会長辞任決意のウラ側 “国内引きこもり”が決定打

公開日: 更新日:

 ついにハシゴを外された。

 東京五輪招致に関する贈賄疑惑で、フランス司法当局から捜査対象となっている日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長(71)が辞意を固めた。19日にもJOC理事会で進退に言及するという。

 振り返れば、苦しい2カ月間だった。

 昨年12月にフランス予審判事から事情聴取を受けると、今年1月の釈明会見で身の潔白を主張。しかし、用意した文書を読み上げただけで質疑応答を受け付けず、国内外から批判を浴びた。

「以来、竹田会長は表舞台から姿を消し、会見の4日後に出席予定だったIOCマーケティング委員会(スイス)を『個人的な理由』としてドタキャン。今月3日のアジア・オリンピック評議会(OCA)総会(タイ)も副会長の要職にありながら欠席した。海外へ出国すれば、仏当局に身柄を拘束される可能性があると警戒したからです。五輪まであと1年半に迫り、ホスト国の五輪委員会トップが国内に引きこもっているというんじゃ仕事にならない。IOC(国際オリンピック委員会)からも退任を促す動きが出てきたことで、決意したのでしょう」(JOC関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人・原監督が気の毒になってきた…と思ったが気のせいか

  2. 2

    玉突き人事速報 菅野とダルに追い出される田中は西海岸へ

  3. 3

    阪神糸井が大減俸に 城島と“ポイ捨て”3選手の二の舞を危惧

  4. 4

    原巨人はDeNAソトも取り逃がす 補強“3連敗”スタートの不吉

  5. 5

    菅首相はコロナ禍でも朝昼晩「外食フルコース」の贅沢三昧

  6. 6

    “鶏卵疑惑”自民に飛び火か…これがズブズブ「献金リスト」

  7. 7

    安倍氏任意聴取の狙い 特捜部は十八番のウソを見破れるか

  8. 8

    安倍氏の発言に納得 嘘が許されるなら国会自体意味がない

  9. 9

    中居正広にプロデューサーの才 児童書バカ売れで実力証明

  10. 10

    吉川元農相は大臣室で現ナマ疑惑…「鶏卵汚職」何人いる?

もっと見る