JOC竹田会長辞任決意のウラ側 “国内引きこもり”が決定打

公開日: 更新日:

 ついにハシゴを外された。

 東京五輪招致に関する贈賄疑惑で、フランス司法当局から捜査対象となっている日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長(71)が辞意を固めた。19日にもJOC理事会で進退に言及するという。

 振り返れば、苦しい2カ月間だった。

 昨年12月にフランス予審判事から事情聴取を受けると、今年1月の釈明会見で身の潔白を主張。しかし、用意した文書を読み上げただけで質疑応答を受け付けず、国内外から批判を浴びた。

「以来、竹田会長は表舞台から姿を消し、会見の4日後に出席予定だったIOCマーケティング委員会(スイス)を『個人的な理由』としてドタキャン。今月3日のアジア・オリンピック評議会(OCA)総会(タイ)も副会長の要職にありながら欠席した。海外へ出国すれば、仏当局に身柄を拘束される可能性があると警戒したからです。五輪まであと1年半に迫り、ホスト国の五輪委員会トップが国内に引きこもっているというんじゃ仕事にならない。IOC(国際オリンピック委員会)からも退任を促す動きが出てきたことで、決意したのでしょう」(JOC関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沢尻エリカ復調の兆し 再結成「沢尻会」の意外な顔ぶれ

  2. 2

    いまさら聞けない年金受給 59歳から始める満額もらう準備

  3. 3

    評価は急落…大船渡・佐々木“一球も投げず初戦敗退”の波紋

  4. 4

    巨人菅野の深刻一発病なぜ? 本人や相手打者ら8人に総直撃

  5. 5

    巨人・上原監督の可能性は?“生え抜きエース”の条件クリア

  6. 6

    安倍政権が労働者イジメ 経営者が首切り自由の“改悪制度”

  7. 7

    今オフにもポスティング 広島・菊池涼介メジャーでの値段

  8. 8

    令和初の国賓も…日米首脳会談「共同声明」見送りの“真相”

  9. 9

    無名俳優と電撃格差婚で 川栄李奈にのしかかる“ミルク代”

  10. 10

    大船渡・佐々木 1球も投げず初戦敗退で浮上する“故障疑惑”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る