松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

大船渡の佐々木朗希君 おじさんは君に言いたいことがある

公開日: 更新日:

 岩手・大船渡高校3年、佐々木朗希くん。オオフネワタリとか読む復興大臣とかいるかもしれんからクギ刺しとくぞ、オオフナト!

 岩手県の海沿いの町だ。東日本大震災じゃ津波でたいへんな被害に遭ったんだ。

 そこの高校の野球部のエース、佐々木朗希くん。「ろうき」と読むんだ。パソコンに打ち込んで変換すると「労基」なんて出るが労働基準法じゃねえぞ厚労大臣! 朗らかに希望に胸膨らませる、いい名前だ。希望に燃える青年の未来は、穴だらけ働き方改革で明るいか総理!(まあいい)

 なんせ、練習試合で163キロ出したんだ。高校3年で160キロ出した大谷翔平の上行ってんだ。背も才能も抜きんでてるもんで、野球名門校が「どうぞうちへ!」と誘いまくり、引く手あまただったのに、佐々木くんは何て言ったと思う?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ナゾの男が骨董店で中古ピアノを演奏…話は意外な展開に!

  2. 2

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  3. 3

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  4. 4

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  5. 5

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  6. 6

    11点差の負け試合に野手登板 G原采配「最善策」の違和感

  7. 7

    巨人の快進撃を支える「神走塁」 地味ながら凄い3人の正体

  8. 8

    ドラマで描かれないシーン 古関裕而は無類の愛煙家だった

  9. 9

    先の大戦と酷似 デマと精神論が蔓延するコロナ禍ニッポン

  10. 10

    裕次郎さんの自宅から遺跡が…本人と石原プロ社員の神対応

もっと見る