大船渡・佐々木朗希は“地方県立”のハンデを超えられるか

公開日: 更新日:

「オーソドックスなフォームで体のバランスが良く、腕の振りも思い切りがよく気持ちいいほど。柔軟性もある。ポテンシャルの高さは今年のドラフト候補ナンバーワン。松坂やダルビッシュ、田中マーくんに匹敵するレベルです」

 こう話すのは、あるセのスカウトだ。

 佐々木朗希(岩手・大船渡)はMAX157キロの直球に加え、キレのあるスライダーが武器。しかし、その一方で制球はイマイチ。地元岩手県の高野連関係者は、「制球がアバウトで、捕手の構えたコースにバシッといくケースが少なく、ストライクを取りにいった甘いボールを打たれがち」と言う。昨年の秋季大会では準決勝の盛岡大付戦で完投するも、7失点とボロボロだった。

 冒頭のスカウトは「プロ入りまでにどこまでレベルアップできるか」と、こう続ける。

「気になるのが、大船渡はフツーの地方県立校ということ。プロに入って成長する高卒選手は、高校時代から将来を見据えた練習を叩き込まれているもの。これが横浜高校や大阪桐蔭のような強豪校ならともかく、それだけの指導者がいるかどうか……。地方の公立出身の高卒ドラ1で大成したケースはほとんどありませんからね。今後は各地の強豪校から練習試合が殺到するでしょう。そこで経験を積んで自分を磨けるかが、カギになりそうです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    上沼恵美子が試される…フジテレビの“実験”は吉と出るか

  5. 5

    元スピードスケート五輪銅 山中宏美さんは銭湯でヨガ講師

  6. 6

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  7. 7

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

  8. 8

    遠のく錦織GS制覇…稚拙なチームとマネジメントに疑問の声

  9. 9

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  10. 10

    一体何が…大坂なおみ“心の支柱”サーシャ氏と決別の衝撃

もっと見る