163kmにプロ驚嘆でも 佐々木朗希に「大船渡高」ゆえの不安

公開日: 更新日:

 去る6日、U18日本代表合宿の紅白戦で、163キロを投げた佐々木朗希(大船渡・岩手)がスポーツマスコミを賑わせている。

 全国から集めた選りすぐりの高校生相手に2回を投げて6者連続三振。計25球中、ストレートの14球はすべて150キロ超え、うち3球が160キロを超えた。辛うじてバットに当たったファウルは2回。打球がフェアグラウンドに飛ばなかったのだから、ネット裏の日米12球団44人のスカウトが仰天したのは無理もなかった。「松坂だってマー君だって(打球は)前に飛んだ」と舌を巻いたのは巨人の長谷川スカウト部長だ。

 佐々木が飛び抜けた素質をもった投手なのは間違いないが、そんな163キロ右腕をもってしても甲子園には届かない。大船渡は先のセンバツの出場校を決める際の参考資料となる昨秋の秋季岩手県大会準決勝で盛岡大付に5―7で敗退。172キロのマシンを実際のマウンドより6メートル手前に置いて目を慣らす特訓の前に4長打を含む10安打7失点と打ち込まれた。昨夏の岩手県大会は3回戦で敗退している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  2. 2

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  3. 3

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  4. 4

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  5. 5

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  6. 6

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  7. 7

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  8. 8

    ドラフト目玉 中京大中京・高橋宏斗お受験にプロやきもき

  9. 9

    ラニーニャ現象起こるとパンデミック 歴史が物語る関連性

  10. 10

    安倍首相の体調不良説に拍車 高級ジム滞在「3時間半」の裏

もっと見る