Dバックス平野が今季初セーブ ブレーブスに1回無安打0封

公開日: 更新日:

 日本人リリーバーが調子を上げてきた。

 ダイヤモンドバックス・平野佳寿(35)が18日(日本時間19日)のブレーブス戦に登板。1回を1安打無失点、2三振で今季初セーブ(1勝1敗)をマークした。

 4―1と3点リードの九回に5番手でマウンドに上がると、1死後、8番インシアルテに中前打を許したが、その後は三振、左翼ライナー。1回3分の1無失点で今季初勝利を挙げた16日(同17日)に続く好投で、昨季のナ・リーグ東地区覇者を相手に、今季初の同一カード3連勝に貢献した。

 メジャー1年目の昨季はセットアッパーとして安定した働きを見せたが、今季はここまで10試合で7失点(防御率5.63)。守護神ホランドは開幕から7戦連続無失点で4セーブと好調なだけに、Dバックスの浮沈は平野の働きにかかっている。

▽平野の話
「チームが勝てたのが一番。貢献できて良かった」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    給付金に文句の麻生氏“10万円超”飲食73回の異常な金銭感覚

  2. 2

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

  3. 3

    近大・佐藤1位指名も阪神育成ベタ…よぎる“藤浪の二の舞”

  4. 4

    菅首相が所信表明で言い間違い連発…予算委“火だるま”必至

  5. 5

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  6. 6

    安倍前首相ファクト発言にツッコミ殺到「おまえが言うか」

  7. 7

    日本列島を襲うコロナ秋の第3波 感染拡大の危険な22道府県

  8. 8

    田澤指名漏れの衝撃…背景に米国も呆れたNPBの“島国根性”

  9. 9

    GoToトラベル「制度改悪」笑い止まらないのは旅行大手だけ

  10. 10

    今年のドラフトは“戦略ダダ漏れ”「個室指名」の意外な盲点

もっと見る