マ軍快進撃で雄星にシワ寄せ “中4日厳守”で増す肩肘への負担

公開日: 更新日:

 背に腹は代えられないようだ。

 マリナーズ・菊池雄星(27)が、早くもフル回転を強いられそうなのだ。

 サービス監督は16日(日本時間17日)、菊池が20日(同21日)のエンゼルス戦に登板すると発表。5日のホワイトソックス戦から3戦連続中4日のマウンドとなるが、指揮官は「これまで通り投げてもらうことになる」と話した。

 チームは現在、17連戦中の上、ここにきて5番手左腕ルブラン(元西武)が右脇腹痛で負傷者リスト(IL)入り。先発陣の台所事情が苦しくなり、開幕前にディポトGMが明かしていた「月に1度ぐらいは1イニング30球程度で降板させる(オープナー)」方針も白紙になった。

 同GMは当初「1年目はメジャーの環境やルーティンに慣れてもらいたい」と、今季は余裕を持って起用する方針を明かしていた。中4日のローテに適応できず、肘にメスを入れた多くの日本人投手の二の舞いを避けるためだ。同GMは「年間の投球回数は170イニング程度にとどめる」とも話していたが、これも棚上げされかねない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬さんの死と自身の不調

  2. 2

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  3. 3

    巨人のドラフトとFA補強にソフトBの壁 争奪戦ガチンコ必至

  4. 4

    スガ友人事横行 異例抜擢“秋田つながり”柿崎補佐官の評判

  5. 5

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  6. 6

    巨人と阪神が熱視線 ドラ1候補近大・佐藤の気がかりなキズ

  7. 7

    虎フロントは今オフ大刷新 2度目のクラスターに親会社激怒

  8. 8

    原巨人の来季構想 吉川尚の覚醒で坂本「三塁コンバート」

  9. 9

    竹内結子さんと三浦春馬さんに「共通項」…心理学者が分析

  10. 10

    菅政権で内紛 総務相めぐる“嫌がらせ人事”に麻生氏激怒

もっと見る