ダル同僚右腕が人種差別被害 不調の黒人選手にSNSで非難が

公開日: 更新日:

 カブス・ダルビッシュ有(32)の同僚投手が、いわれなき差別を受けていた。地元紙「シカゴ・トリビューン」(電子版)が16日(日本時間17日)に報じたところによれば、救援右腕のカール・エドワーズ・ジュニア(27)が、SNSで人種差別的なメッセージを受け取っていたという。

 サウスカロライナ州出身の同投手は、いわゆるアフリカ系アメリカ人。今季は守護神へとつなぐセットアッパーとして期待されながら、4試合(計1回3分の2)に登板して0勝1敗、防御率32.40と絶不調で、早々と3Aアイオワに降格した。SNSには同投手への非難や、黒人選手の実力を疑問視するようなメッセージが含まれていたという。

 大リーグ機構(MLB)に調査協力を依頼したというカブス・エプスタイン球団社長は「多様性を受け入れて団結するスポーツや社会において、このようなひどい言動は決して許されるものではない」との声明を発表した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    斎藤幸平氏 ウィズコロナで考える“資本主義ではない”社会

  2. 2

    8歳で来日したサヘル・ローズさん 母と日本で極貧の日々も

  3. 3

    つるの剛士Twitter「リスト」流出 ネットがザワついた中身

  4. 4

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  5. 5

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  6. 6

    もし万が一、照ノ富士2場所連続Vなら大関復帰させてやれよ

  7. 7

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  8. 8

    山口達也再逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  9. 9

    自民党総裁選で乱発 「共通の価値観」を唱和するお笑い

  10. 10

    巨人余剰戦力「ロッテ澤村に続け」とトレード志願が殺到中

もっと見る