投打低調で地区最下位…エ軍はビジネス面も深刻“大谷ロス”

公開日: 更新日:

 右肘靱帯を修復するトミー・ジョン手術からの復活を目指すエンゼルス・大谷翔平(24)の回復ぶりが目覚ましい。

 すでに19日(日本時間20日)からナインに交じってフリー打撃を再開。連日のように、本拠地アナハイムの外野スタンドに豪快な一発を叩き込んでいる。投手としてのリハビリも順調で、22日にはキャッチボールの距離を約29メートルまで伸ばした。

 今季、先行してDHとして復帰する大谷の回復ぶりにオースマス監督は「打者としては85%くらいまで戻ってきているのではないか」と目を細めている。実戦復帰に関しては依然として慎重な姿勢を崩さず「前倒しすることはない」と断言。当初の予定通り、戦列復帰は5月になるが、指揮官にとっては、今すぐにでもバッティングオーダーに大谷の名前を記入したい心境だろう。

 何しろチームは開幕から投打とも不調で9勝14敗の勝率3割9分1厘。首位マリナーズと6ゲーム差のア・リーグ西地区最下位に沈んでいる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

  2. 2

    「赤い公園」津野米咲さんが29歳で急死 SMAPにも楽曲提供

  3. 3

    DeNA梶谷が逆転満塁弾 FA“隠れ1番人気”巨人に猛アピールか

  4. 4

    村山由佳「風は西から」にはワタミの真実が描かれている

  5. 5

    何が「未来志向」だ! 学術会議が菅政権に下す反撃の一手

  6. 6

    東海大野球部「大麻使用」で激震 巨人原監督に再建託すSOS

  7. 7

    ラミ監督はクビ同然…DeNAは“ハマの番長”で巨人に勝てるか

  8. 8

    中野雅至氏 菅政権の小さな政府路線と1億総ゴマカシの限界

  9. 9

    石原さとみ東大卒夫は年収5000万円!商売と夫婦円満に重要

  10. 10

    近大・佐藤は抽選確実 クジ運ない巨人が選んだ“外れ1位”は

もっと見る