大谷翔平がフリー打撃再開 5.7実戦復帰は「打球速度」次第

公開日: 更新日:

 復帰に向けて大きく前進である。

 右肘手術からの復活を目指すエンゼルス・大谷翔平(24)が19日(日本時間20日)のマリナーズ戦を前に全体練習に参加。同僚野手に交じって術後初のフリー打撃を行った。

 週明けには、ライブBPといわれる実戦形式の打撃練習に移行する予定。今後はマイナーの公式戦には出場せず、チームに帯同して調整を行う。米メディア関係者の話を総合すると、実戦復帰は5月7日(同8日)のタイガース戦が有力視されている。

 ブラッド・オースマス監督は、今後の大谷の調整について、「あくまでも本人の感覚次第だ」とし、ライブBPの打席数などは特に定めない方針を明かしている。

 これまで大谷のリハビリはチームドクター、メディカルスタッフ、エプラーGMの3者によって厳重に管理してきた。復帰を焦る本人に任せた揚げ句、患部の再発を招いては元も子もない。来季、投打の二刀流として完全復活を目指しているだけに、チームが慎重な姿勢を崩さないのは当然のことである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  4. 4

    理想の花嫁・竹下景子に交際疑惑 男がマンションに入り…

  5. 5

    性急すぎる菅政権 福島原発処理水「海洋放出」決定の大罪

  6. 6

    近大・佐藤は抽選確実 クジ運ない巨人が選んだ“外れ1位”は

  7. 7

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  8. 8

    東海大野球部“薬物汚染”でドラフト大混乱「指名できない」

  9. 9

    石破茂氏はどこへ…悲愴の派閥会長辞任から立て直せるのか

  10. 10

    戸田恵梨香「東出昌大共演NG」に疑問 本人の意思なのか?

もっと見る