大谷翔平がフリー打撃再開 5.7実戦復帰は「打球速度」次第

公開日: 更新日:

 復帰に向けて大きく前進である。

 右肘手術からの復活を目指すエンゼルス・大谷翔平(24)が19日(日本時間20日)のマリナーズ戦を前に全体練習に参加。同僚野手に交じって術後初のフリー打撃を行った。

 週明けには、ライブBPといわれる実戦形式の打撃練習に移行する予定。今後はマイナーの公式戦には出場せず、チームに帯同して調整を行う。米メディア関係者の話を総合すると、実戦復帰は5月7日(同8日)のタイガース戦が有力視されている。

 ブラッド・オースマス監督は、今後の大谷の調整について、「あくまでも本人の感覚次第だ」とし、ライブBPの打席数などは特に定めない方針を明かしている。

 これまで大谷のリハビリはチームドクター、メディカルスタッフ、エプラーGMの3者によって厳重に管理してきた。復帰を焦る本人に任せた揚げ句、患部の再発を招いては元も子もない。来季、投打の二刀流として完全復活を目指しているだけに、チームが慎重な姿勢を崩さないのは当然のことである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「好きな女子アナ」調査 ベストテンからフジが消えたワケ

  2. 2

    寝耳に水の「1位奥川」報道…G原監督“独善”でスカウト諦観

  3. 3

    12球団OKと明言した大船渡・佐々木朗希の「意中の球団」

  4. 4

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  5. 5

    坂本の腰痛不安で続く遊撃探し 巨人“外れドラ1”候補の名前

  6. 6

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  7. 7

    三流国家のワル経営者に蝕まれる日本企業に世界が冷笑

  8. 8

    嘘まみれの日米貿易協定 ボロボロ出てくる隠蔽と虚偽説明

  9. 9

    丸の活躍で味をしめ…原巨人の次なる標的は中日159km左腕

  10. 10

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る